Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

LCCで関西国際空港に行ったら「ようこそ大阪きっぷ」がお得!空港特急ラピート片道券と大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス乗り放題で大人1,650円

10月にLCCのジェットスターを利用して大阪へ訪れた際、関西国際空港からなんば駅まで向かう方法として「ようこそ大阪きっぷ」を購入しました。

ようこそ大阪きっぷとは、空港特急ラピートの片道乗車券・特急券と、大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線1日フリー乗車券がセットになったお得なチケットです。

スポンサードリンク

ようこそ大阪きっぷとは

ようこそ大阪きっぷは関西空港から大阪市内へ向かう時に購入できる割引チケットです。

南海電鉄が運行している「空港特急ラピート」の乗車券・特急券と、大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線が乗り放題になる1日フリー乗車券がセットで販売されています。

ようこそ大阪きっぷの値段

大人1,650円、小児830円で購入可能。別々で購入した時と比べて平日は26%、土・日・祝日は18%引きで購入できます。(小児は18%引き)

販売期間は2017年8月1日(火)~2018年3月31日(土)となっていますが、日付は毎年更新されているためあまり気にしなくて大丈夫です。

ようこそ大阪きっぷの使い方

まずは関西国際空港から難波までラピートを使って移動します。乗る路線は「南海空港線空港急行 なんば行」です。

ラピートαとラピートβの2種類があり、αのほうが停車駅が少ないため早く難波まで向かうことができます。βは堺と岸和田にも止まります。

南海電鉄 空港特急ラピート停車駅
時刻停車駅
ラピートα20時~22時台なんば/新今宮/天下茶屋/泉佐野/りんくうタウン/関西空港
ラピートβ7時~19時台(平日は6時~)なんば/新今宮/天下茶屋/堺/岸和田/泉佐野/りんくうタウン/関西空港

ラピートの中はこんな感じ。これはスーパーシートというグレードが上のタイプなので足元まで広いが、ようこそ大阪きっぷに付いてくる乗車券はレギュラーシートなのでもう少し狭い。

普段からLCCの機内や高速バスの狭さに慣れている私からすると、足が伸ばせる広さだととんでもなく広く感じてしまう。

外の景色が見えるように大きな丸い窓が付いています。

関空からなんば駅まで38分で到着します。

南海なんば駅に到着しました。それにしても人が多い…!

ここからは地下鉄で移動するので、一緒についてきた大阪1日乗車券を利用します。これで大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線1日乗り放題です。

1日乗車券は翌日末まで有効です。夜間などに到着する場合は、翌朝から利用したほうが長い時間使えます。

乗車券の他にも、乗車券の提示で様々な観光スポットが割引になる「施設割引」も適用されます。割引される施設一覧はこちらをチェック。

1日乗車券のみ欲しいなら「エンジョイエコカード」を購入する

ラピートに乗車しない場合は、地下鉄の券売機で1日乗車券のみの「エンジョイエコカード」が販売されています。

こちらは平日800円、土日祝は600円で販売されており、カードを通した日の大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線が1日乗り放題になっています。

カードを通すまで有効期限はないので、いつ通しても1日乗り放題が利用できます。大阪1日乗車券と同じように乗車券の提示で施設割引も利用できます。

大阪を安く旅するなら買っておけ!

ようこそ大阪きっぷは移動代をなるべく節約して、現地でお金を使いたい人には持って来いのチケットです。アクセスが不便な関西国際空港からより早く移動するにはラピートが便利。

LCCで飛行機代が安く出来たら次は空港から(空港へ)の移動方法や、電車代を見直してみてはいかがでしょうか。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する