Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

格安SIM(MVNO)速度比較 2017年総まとめ。1年で速かったSIMと遅くなったSIMを振り返る

格安SIM(MVNO)の通信速度を測り続けて早1年以上が経過し、そろそろ2017年の締めとして今年の速度比較の結果をグラフにまとめてみました。速かったSIMと遅かったSIMで大きく差が開き、混雑状況によって大きく上下している会社もあります。

短期間だけではなく年単位で計測したからこそ分かるオススメのSIMも紹介しています。

  • ※この記事はグラフをJavascriptで描画しているため、AMPページではグラフが正しく表示されません。通常版ページでご覧ください。

スポンサードリンク
目次で流し読みする ・*・:≡( ε:)
  1. 1.2017年の測定結果を振り返ってみて
    1. 1.1.サブブランドが圧勝だった
    2. 1.2.ドコモ系が悪くなる一方
    3. 1.3.LINEモバイルが低速に
    4. 1.4.開幕SIMが意外と速い
    5. 1.5.FREETELが倒産し新規契約不可に
    6. 1.6.BIGLOBEがリニューアルしAプランが登場
  2. 2.測定条件
  3. 3.朝8時~9時台の計測結果
    1. 3.1.UQ mobile
    2. 3.2.ドコモ
    3. 3.3.ワイモバイル
    4. 3.4.IIJmio Dプラン
    5. 3.5.IIJmio Aプラン
    6. 3.6.mineo Dプラン
    7. 3.7.mineo Aプラン
    8. 3.8.nuroモバイル 0SIM
    9. 3.9.nuroモバイル 定額プラン
    10. 3.10.nuroモバイル 容量プラン
    11. 3.11.b-mobile S 開幕SIM
    12. 3.12.OCNモバイルONE
    13. 3.13.NifMo
    14. 3.14.FREETEL
    15. 3.15.LINEモバイル
    16. 3.16.イオンモバイル タイプ1
    17. 3.17.イオンモバイル タイプ2
    18. 3.18.ロケットモバイル
    19. 3.19.エキサイトモバイル
    20. 3.20.U-mobile
    21. 3.21.U-mobile MAX
    22. 3.22.楽天モバイル 旧APN(rmobile.jp)
    23. 3.23.楽天モバイル 新APN(rmobile.co)
    24. 3.24.BIGLOBE Dプラン
    25. 3.25.BIGLOBE Aプラン
  4. 4.昼12時~13時台の計測結果
    1. 4.1.UQ mobile
    2. 4.2.ドコモ
    3. 4.3.ワイモバイル
    4. 4.4.IIJmio Dプラン
    5. 4.5.IIJmio Aプラン
    6. 4.6.mineo Dプラン
    7. 4.7.mineo Aプラン
    8. 4.8.nuroモバイル 0SIM
    9. 4.9.nuroモバイル 定額プラン
    10. 4.10.nuroモバイル 容量プラン
    11. 4.11.b-mobile S 開幕SIM
    12. 4.12.OCNモバイルONE
    13. 4.13.NifMo
    14. 4.14.FREETEL
    15. 4.15.LINEモバイル
    16. 4.16.イオンモバイル タイプ1
    17. 4.17.イオンモバイル タイプ2
    18. 4.18.ロケットモバイル
    19. 4.19.エキサイトモバイル
    20. 4.20.U-mobile
    21. 4.21.U-mobile MAX
    22. 4.22.楽天モバイル 旧APN(rmobile.jp)
    23. 4.23.楽天モバイル 新APN(rmobile.co)
    24. 4.24.BIGLOBE Dプラン
    25. 4.25.BIGLOBE Aプラン
  5. 5.夜19時~20時台の計測結果
    1. 5.1.UQ mobile
    2. 5.2.ドコモ
    3. 5.3.ワイモバイル
    4. 5.4.IIJmio Dプラン
    5. 5.5.IIJmio Aプラン
    6. 5.6.mineo Dプラン
    7. 5.7.mineo Aプラン
    8. 5.8.nuroモバイル 0SIM
    9. 5.9.nuroモバイル 定額プラン
    10. 5.10.nuroモバイル 容量プラン
    11. 5.11.b-mobile S 開幕SIM
    12. 5.12.OCNモバイルONE
    13. 5.13.NifMo
    14. 5.14.FREETEL
    15. 5.15.LINEモバイル
    16. 5.16.イオンモバイル タイプ1
    17. 5.17.イオンモバイル タイプ2
    18. 5.18.ロケットモバイル
    19. 5.19.エキサイトモバイル
    20. 5.20.U-mobile
    21. 5.21.U-mobile MAX
    22. 5.22.楽天モバイル 旧APN(rmobile.jp)
    23. 5.23.楽天モバイル 新APN(rmobile.co)
    24. 5.24.BIGLOBE Dプラン
    25. 5.25.BIGLOBE Aプラン
  6. 6.過去の測定結果

2017年の測定結果を振り返ってみて

今年は様々な会社が格安SIM事業に参入し、大いに盛り上がった年だったと感じます。特に量販店やテレビCMによる一般認知が凄まじく、今は職場や友人なども乗り換えた人が増えてきています。

サブブランドが圧勝だった

測定結果では圧倒的にUQ mobileワイモバイルなどのサブブランドが速く、他のドコモ系の会社は歯が立たないような状況が続いています。
他社の格安SIMと比べて通信品質がよく、大手キャリアと格安SIMのいいとこ取りのイメージが強い2社は今後もしばらくオススメできる会社でしょう。

契約期間によって料金が変動したり、少々複雑な2年縛りなどがネックですが、このサービス品質なら値段以上に満足度は高いです。

ドコモ系が悪くなる一方

サブブランドの安定感とは逆にドコモ系の格安SIMは軒並み速度が出なくなってしまいました。以前は勢いのある会社が数社あったのですが、徐々に利用者が急増してから増強が間に合わなくなり混雑してしまうようです。

スピードテストだけが全てではないですが、一つの指標として見ていたものが伸び悩んでいるのに比例して体感速度もやはり遅くなっていると感じます。数値よりもデータがうまく流れなくなったことが増えているような…。

LINEモバイルが低速に

新しく出た会社は初速の勢いがあっても、半年もすれば遅くなってしまうことがLINEモバイルなどで証明されました。個人的に期待していたサービスなだけに残念な気持ちです。
SNSの通信量をカウントしない「カウントフリー」機能はTwitterなどをよく利用する方にオススメしたい機能です。

開幕SIMが意外と速い

後半から契約した開幕SIMもかなりいいスピードが出ているので、b-mobileは速度が遅いというイメージが払拭されました。相変わらずドコモ系のおかわりSIMは遅かったですが…。

最近からソフトバンクのiPhoneやiPadをSIMロック解除せずに使えることをアピールしているのも、ドコモ系の格安SIMと良い差別化をしていると思います。iPhone 6以前のSIMロック解除非対応の機種でも使えることで、今使っているiPhoneから買い換える必要がなくなります。

FREETELが倒産し新規契約不可に

会社が倒産したFREETELも2017年に入ってからは速度も目立った傾向もなく、徐々にフェードアウトしていきました。今後は楽天がサービスを引き継いでいきますが、新規契約もないため解約予定です。

サイトの構成やプラン内容の注釈を読んでみると胡散臭い感じや人を騙そうとしている雰囲気がしてどうも好きになれなかったです。実際に速度が速かったわけでもなく、自社のスマホ事業も不具合放置で悲惨な目に遭った方も多いでしょう。

BIGLOBEがリニューアルしAプランが登場

今年最後に契約したBIGLOBEモバイルのAプランはまだ勢いが残っていますが、今後どうなるか気になるところです。

過去の傾向からすると半年以内に速度が落ちると予想していますが、意外にもサブブランドより速度が出るときもあるため注目したい会社です。リニューアルした勢いのまま突っ走ってもらいたいですね。

測定条件

測定条件は以下の通り。毎月測定した結果を全て載せると多すぎて読みづらいので下り速度のみ掲載しています。もっと詳細の速度を確認したい時は各月の結果をご覧ください。

測定条件
測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法4GMark・Speedtest.netで速度を3回測定。平均値を値とする。

朝8時~9時台の計測結果

朝の時間帯は比較的空いている事が多く、平均して下り10Mbps以上を維持しています。通勤ラッシュ時はもう少し早い8時前のため、測定時間をもう少し早めると結果が変わっていたかも。

UQ mobile

ドコモ

ワイモバイル

IIJmio Dプラン

IIJmio Aプラン

mineo Dプラン

mineo Aプラン

nuroモバイル 0SIM

nuroモバイル 定額プラン

nuroモバイル 容量プラン

b-mobile S 開幕SIM

OCNモバイルONE

NifMo

FREETEL

LINEモバイル

イオンモバイル タイプ1

イオンモバイル タイプ2

ロケットモバイル

エキサイトモバイル

U-mobile

U-mobile MAX

楽天モバイル 旧APN(rmobile.jp)

楽天モバイル 新APN(rmobile.co)

BIGLOBE Dプラン

BIGLOBE Aプラン

昼12時~13時台の計測結果

通信速度が遅くなりやすいランチタイムの時間帯、その中でも特にピーク時の12時30分を目安に測定しています。多くの会社が下り1Mbpsを下回る結果となり、常用するには厳しい速度まで落ちてしまいます。

UQ mobileやワイモバイルなどのサブブランドは、時間帯に左右されず常に快適に利用できているのがお分かり頂けると思います。

LINEモバイルは今年の夏を境に徐々に降下していきました。期待していたサービスなだけに残念でした…。

UQ mobile

ドコモ

ワイモバイル

IIJmio Dプラン

IIJmio Aプラン

mineo Dプラン

mineo Aプラン

nuroモバイル 0SIM

nuroモバイル 定額プラン

nuroモバイル 容量プラン

b-mobile S 開幕SIM

OCNモバイルONE

NifMo

FREETEL

LINEモバイル

イオンモバイル タイプ1

イオンモバイル タイプ2

ロケットモバイル

エキサイトモバイル

U-mobile

U-mobile MAX

楽天モバイル 旧APN(rmobile.jp)

楽天モバイル 新APN(rmobile.co)

BIGLOBE Dプラン

BIGLOBE Aプラン

夜19時~20時台の計測結果

夜の帰宅時に測定した結果は、お昼から少し回復して中画質(360P)の動画などは視聴できるラインを目安に速度が落ちています。ここでも下り1Mbpsを下回ると遅いと言えるでしょう。

UQ mobile

ドコモ

ワイモバイル

IIJmio Dプラン

IIJmio Aプラン

mineo Dプラン

mineo Aプラン

nuroモバイル 0SIM

nuroモバイル 定額プラン

nuroモバイル 容量プラン

b-mobile S 開幕SIM

OCNモバイルONE

NifMo

FREETEL

LINEモバイル

イオンモバイル タイプ1

イオンモバイル タイプ2

ロケットモバイル

エキサイトモバイル

U-mobile

U-mobile MAX

楽天モバイル 旧APN(rmobile.jp)

楽天モバイル 新APN(rmobile.co)

BIGLOBE Dプラン

BIGLOBE Aプラン

過去の測定結果

これだけ多く契約していますが、実際にメインで使っているのはサブブランドが中心でその他は測定のために維持していると言っても過言じゃありません。

高額な維持費をどう賄うか頭を悩ませながら、外部寄稿やアフィリエイトでどうにか食いつないでいます。もしこの結果で参考になれば是非リンクから購入頂けると助かります。

過去の記事はこちらにまとめています。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する