Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

ユニクロのバックパックを購入。ポケット多めでパソコンやガジェットを身軽に持ち歩く

巷で話題になっている無印良品の肩の負担を軽くするPCポケット付リュックと散々迷った挙げ句、ユニクロのバックパック(リュック)を購入しました。以前から軽量で色々入る大容量のバックを探しており、実際に数週間使ってみると予想以上に便利で使いやすかったのでご紹介します。

このバックパックは旧作と新作がありますが、より丈夫な「CORDURA(コーデュラ)」ナイロン素材を使用した旧作の方を購入しました。新作は素材が通常のナイロンに変更されたんだとか。

購入時の価格は税込3,218円でしたが、今なら期間限定のセールで1,000円引きの税込2,149円で購入できます。もう少し待ってから購入すれば良かった…。

▼新作

▼旧作(CORDURAナイロン素材)

■メリット
  • 価格が安い(期間限定で税込2,138円)
  • シンプルなデザインで男女問わず利用できる
  • ナイロンの7倍もの強度を持つCORDURA(コーデュラ)素材を使用
  • ポケットの数が多く小物やガジェット収納に向いている
■デメリット
  • 持ち歩く荷物が少ないとシルエットが崩れる
  • ブラックやネイビーはホコリが目立ちやすい
  • 新作は通常のナイロン素材が使用されている
  • 取っ手部分が細く耐久性に不安を覚える

スポンサードリンク

シンプルで飽きのこないデザイン

正面から見たデザインは可もなく不可もなく至って普通。無駄な装飾のないシンプルなデザインだからこそ飽きずに使えると思います。今まで四角っぽいデザインのバックばかり選んできたので、丸っこいフォルムのバックは可愛らしく見えますね。

中身が入っていない状態でも自立してくれるのが地味に便利。前回購入した巾着型のバックパック「snipping メタルバックル リュックサック」だと背もたれがないと倒れてしまいます。

カラーバリエーションはブラック、ネイビー、ベージュ、グリーン、レッドの5色展開で男女問わず使えます。今回購入した店舗ではレッドが品切れでした。

表面は撥水加工がされており、小雨程度であれば中まで染み込むこともありません。
流石に土砂降りの雨だと厳しいかもしれません。

背面にはメッシュ素材の下にクッション材が敷かれています。肩紐のサイズも大きめで、長時間背負っていても負担が掛かりにくい設計になっています。

旧作のタイプはチャックに紐が結びつけられており、新作はチャックの紐がビニール素材(全色黒色)になっています。個人的には旧作のほうが色の統一感があって好みです。

また、旧作のみサブポケットの右側面にCORDURAのロゴが付いています。

側面には大きめサイズのサイドポケット付き。
マチや深さがあるのでペットボトルや水筒、折りたたみ傘なども収納できます。

Amazonとかでリュックを探すと、意外にもサイドポケット付きのリュックが少ないことに気が付きました。

見た目以上に入る収容能力

正面のサブポケットは6インチ台のスマホも入る仕切り付き。コンデジや充電グッズをまとめたガジェットポーチがぴったり入る容量で抜群に使いやすいスペース。

メインポケットのチャックはガバっと大きく開き、荷物の出し入れが楽に行なえます。バックの容量は19リットルと見た目以上に結構入ります。1泊2日程度の旅行ならこれ1つで大丈夫そう。

ノートパソコンの収納エリアは二段式になっており、大きめのタブレットと一緒に収納可能。私が使っている12インチ(A4サイズ)の「ASUS TransBook 3 T303UA」と、10インチの「Xperia Z4 Tablet」も余裕で入ります。

逆側にはメッシュポケット。こちらにはB5サイズ程度のスペースが確保されており、細々としたものを入れるのにぴったり。

実際に背負ってみた

実際に背負ってみるとこんな感じ。身長168cm、体重60kgの中肉中背の成人男性だと大きすぎず、小さすぎず丁度いいサイズだと感じました。女性だと少し大きく感じるかもしれません。

サイドポケットがとにかく優秀で、背負った状態でも折りたたみ傘やペットボトルの飲み物を出し入れ出来ます。通勤の定期入れやスマホなんかを入れても便利だと思います。

横から見た様子。中身が少ないとシルエットが崩れるので見た目が悪くなります。逆に考えると、背負ったときでも厚みがないので電車に立ったまま乗るときでも邪魔になりにくいとも言えるでしょう。

荷物を多めに入れたときでも、クッション素材がしっかりとしているので肩の負担を軽減してくれるのが分かりました。メッシュ素材なので夏場でもムレにくいのが嬉しいポイント。

おまけ:無印良品の「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」と比較してみた

ギリギリまで迷った「肩の負担を軽くするPCポケット付リュック」と見た目を比較してみることに。無印良品のバックは大きさが29リットルと大きめです。

色合いは明るめのベージュで、見た目だけで比較すると無印良品の方が好みでした。

同じようなサイズのサイドポケット付き。

正面のサブポケットは仕切りなどはなく、手のひらが入るほどのスペースが確保されています。

PCポケットは一段式。中は真っ黒のメッシュとクッション素材が敷かれていました。

無印良品のバックは側面のチャックからPCポケットにアクセス可能。
ただし、チャックのサイズが小さいためPCは取り出せません。財布や手帳などのサイズなら背負ったまま取り出せます。

無印良品とユニクロのバックパックは、見た目は似ているけどポケットの数や収納できる容量が大きく異なり、普段何を持ち運ぶかによって向き・不向きがあると思いました。

まとめ

冒頭でも話した通り、期間限定で1,000円引きの税込2,149円と安価で購入できます。
ユニクロのオンラインでも取り扱っており、ユニクロ店舗受取りを選択すると送料450円が掛からずお得です。

飽きのこないシンプルなデザインで男女問わず使えて、カラーバリエーションも豊富。内装は収納ポケットや仕切りが多数付いていて整理しやすいのに税込2,149円という驚異的な安さ。
これはもう買わない理由が見つかりませんね?

商品の詳しい概要については公式サイトからご確認下さい。すでに何色か売り切れているので、欲しい方はお早めにどうぞ!

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する