Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

DJI OSMO Pocketの三脚マウント「Ulanzi OP2 ホルダー」レビュー。Type-Cポート付きで充電しながら使える!

コンパクトな3軸ジンバル付きの小型ビデオカメラ「DJI OSMO Pocket」の欠点として三脚穴が付いていない点が挙げられます。私も購入して旅行などで活用していますが、三脚やマウントアイテムがないと意外と使いづらいんですよね。

三脚に取り付けるためのマウントアダプターをAmazonで探してみたところ、今回紹介する「Ulanzi OP2 ホルダー」を発見して購入してみました。結果として私が求めていた役目を果たせたので満足しています。

スポンサーリンク

Ulanzi OP2 ホルダーの外観

正面にはULANSIのロゴが入っています。

上部からOSMO Pocketを差し込んで使用します。中の素材はフェルトっぽい触り心地で傷付く心配もなし。

中にはType-Cポートのオスが付いているので、カチッと音が鳴るまで差し込むと逆さにして振っても落ちません。

手に持ってみるとこのくらいのサイズ感。サイズもコンパクトで付けたまま持ち歩いても違和感がありません。

底面には三脚穴が付いています。

OSMO Pocketに装着してみると、底面がフラットなので単体で置くよりも安定しています。単体でフェイストラッキングを使うとレンズの動きでグラグラ揺れていましたが、三脚マウントを使うと安定感が違います。

三脚付き自撮り棒にマウントしてみた

カメラ三脚にもなるHumixxの自撮り棒「TRIPOD SELFIE STICK」のネジ穴を使ってOSMO Pocketをマウントしてみました。

OSMO Pocketは画角が狭いのが弱点なので、自撮り棒で距離を稼いでより広い範囲を撮影しようという作戦です。そうなるとせっかくのコンパクトな筐体が意味なくなってしまうため諸刃の剣なんですが…。

Type-Cポート搭載で充電しながら使える

左右に1ポートずつType-Cのメスが付いているので、ポートを塞がずに充電や他デバイスとの接続が可能。

まとめ

あったらいいなと期待をして探したら丁度いい商品が見つかったので助かりました。レビューするほどの商品でも無いかもしれませんが、OSMO Pocketを三脚で利用したい方にはオススメできるアイテムです。


GoPro のマウント類を使うときは↓のようなマウントを付けないと使えません。

Type-Cポートが不要なら別の商品が三脚とGoProマウントに対応した商品があるため、そちらを購入したほうが便利だと思います。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する