Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

カメラ三脚にもなるHumixxの自撮り棒「TRIPOD SELFIE STICK」レビュー。軽量コンパクトで旅行にも最適!

スマートフォン向けアクセサリーを多数取り扱うhumixx様より、カメラ三脚にもなる自撮り棒をご提供頂きましたのでレビューしていきます。

これまでにも当ブログでいくつか自撮り棒はレビューしてきましたが、小型軽量で多機能な自撮り棒は旅行先に便利だと思いました。

自腹購入した自撮り棒

■メリット
  • 小型軽量で持ち運びやすいサイズ
  • 専用ポーチ付きでカバンに入れても傷つきにくい
  • マウント部分が回転し、縦横どちらでも撮影可能
  • グリップ部分が細くて持ちやすく、開くと三脚にもなる
  • Bluetoothシャッター付きで遠隔操作ができる
  • シャッターボタンはmicroUSBで充電可能(ボタン電池じゃない)
  • 伸縮部分がアルミ製で長く伸ばしてもしなりやブレが少ない
■デメリット
  • 他社の自撮り棒と比べると少し高め(その分高機能)
  • 三脚部分の調整に少し時間が掛かる
  • 最大まで伸ばした状態で三脚を使用すると倒れやすい

スポンサードリンク

軽量コンパクトで多機能な三脚付き自撮り棒

パッケージは商品のデザインや特徴が分かるシンプルなデザイン。

内容物は自撮り棒本体、microUSBケーブル、説明書と保証書、専用ポーチが入っていました。

折りたたんだ状態の長さは約20cm、重量は163gと小型軽量で持ち運びやすいサイズ。スマホに近いサイズのため一緒に持ち歩きやすいです。

スマホのマウント部分は折りたたみ可能で横軸に180度回転します。縦方向に回転することもでき、Instagramのストーリーなどの縦撮り撮影にも使えます。

スマホを挟み込む力は固めでしっかり固定してくれます。

4段階で長さ調整が可能

長さ調節は4段階+伸ばさない状態の合計5段階です。長さも20.3cm~68cmと長すぎず短すぎずちょうどいいサイズでした。

最大まで伸ばした状態でも棒のしなりやブレが少なく、他社製品よりも軽くて扱いやすく感じました。グリップ部分も細めで女性の手でも握りやすいと思います。

手元にあるBluetoothシャッターが便利

手元にあるBluetoothシャッターは、スマホとペアリングするとリモートでシャッターを切ることができます。ペアリング方法もボタンを長押しして、スマホ側のBluetoothをオンにするだけですぐ繋がります。

シャッターの充電はmicroUSBから行えるため、モバイルバッテリーなどで外出先でも充電可能。他社のものではボタン電池を使用しているものがあり、外出先で電池切れしたときに不便だと感じました。

シャッターは上にスライドすると自撮り棒から取り出して使うことができます。三脚として使用している場合、集合写真を遠くから撮影するときなどに使うと便利です。

グリップを開くと三脚としても使える!

グリップ部分を開くと三脚として機能します。平面に置くと安定していますが、プラスチック製の簡易的な三脚なので風が強い場所だと倒れやすいです。

実際に使ってみた

スマホとしては比較的大きめな「HUAWEI P20 Pro」を取り付けてみてもグラグラせず安定していました。先日行った石垣島旅行の記録はほとんどこの組み合わせで撮影しています。

裏側から見るとこんな感じ。マウント部分のバネがしっかりしているので、よほど極端に振り回さない限りは落ちることもないはず。

飛行機の中でタイムラプスを撮るときに三脚として使用しました。ゴリラポッドなどと比べて高さの調節が可能なため、設置する場所がある程度自由があるのも便利です。

こんな不安定なフェリーの上でも意外と落下せずに撮れました。風切り音がしないようにAmazonで購入したウィンドウジャマーをスマホカバーに針金で取り付けています。

長時間手持ちで撮影するには腕が疲れてきますが、これだったらしっかり固定してくれるので手を離してもうまく固定できています。

三脚を立てなくても足で三脚を押さえるだけでもブレなく撮れていました。

さらにカメラを取り付ける1/4ネジもマウントの間に付いているので、コンパクトデジタルカメラやGo Proの三脚としても使用できます。

三脚ネジにコンデジの初代RX100を取り付け、下のマウント部分にGalaxy S8合わせ技も可能です。流石に片手で長時間持っておくのは厳しいですが、物理的に取り付けることはできました(動作保証外)

コンデジで自撮りしつつスマホの背面カメラで動画を撮るといった変速技もできるので、旅動画などを撮影するときに役立ちそうです。

よく考えられた万能自撮り棒が気に入った!

Humixx製の自撮り棒を使う前は「自撮り棒なんてどれも同じだろう」としか思っていなかったのですが、今回提供頂いた製品は利用シーンをよく考えられて作られており、軽量かつコンパクトなのが持ち運びやすくて気に入りました。

私は自撮り棒として使うシーンは少ないですが、卓上用の簡易三脚として使用したり、タイムラプスの撮影用として、ライブ配信の撮影など便利に活用しています。

スマホのみならずGoProやコンデジなどでも簡単に使えるのが嬉しいです。

過度な装飾のないシンプルなデザインのため、男性が使っていても違和感はないと思います。ホワイトカラーもあるので好みに合わせて選んでみてください。

Amazonでの評価も93件のレビューに対して星5つ、4つのレビューが9割を占めています。よくある中華製品とは違い、質感や使い勝手が良く値段相応にしっかり作られているのが印象的です。

年末の旅行シーズンにあると便利な自撮り棒。これから購入予定の方はぜひチェックしてみてください。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する