Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【レビュー】4ポートで最大65W出力対応のUSB充電器「LilNob Share」が携帯性抜群で最高!

パソコンやスマホ、カメラにモバイルバッテリーなど、充電するガジェットが増えるにつれて、コンセント不足に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、4ポートで最大65W出力対応のUSB充電器LilNob Share」です。

クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて現在支援者を募集しており、執筆時点で300万円(625人)も支援者を集めた注目のプロジェクトです。

今回はメーカーのCIO様より先行してサンプル品をお貸しいただけたので、サイズや使い勝手についてレビューしていきます。製品版とは一部デザインや仕様が変更になる可能性がありますが、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

「LilNob Share」のスペック

まずは製品仕様のおさらいから。

LilNob Shareのスペック
材質PC
カラーブラック・ホワイト
GaNチップNavitasNV6115
AC入力100-240V 50/60Hz
対応急速充電規格PPS/PD3.0/PD2.0/QC4+/QC4.0/QC3.0/QC2.0/AFC/FCP/SCP/PE2.0/PE1.1/SFCP
ポート数4(USB-C×3、USB-A×1)
USB-C1出力最大65W
USB-C2出力最大65W
USB-C3出力最大30W
USB-A1出力最大30W
サイズ50mm×51mm×30mm
重量112g
プラグ折りたたみ式

LilNob Shareは、次世代半導体のGaNを採用することで多ポート・高出力を実現しています。PD3.0やQC4をはじめ、PPSなどの主要な急速充電規格に対応している点もポイント。

1ポート単独使用時は最大65Wに対応し、MacBook Pro 13インチなどのノートPCも最速で充電可能。多ポート使用時でも1ポートあたり20Wの出力に対応しており、これから出ると噂されているiPhone 12シリーズも最速で充電できます。

「LilNob Share」の外観・特徴

LilNob Shareの外観は黒一色のシンプルなデザイン。恐らく製品版は横にCIOのロゴが印字されるかと思われます。

本体サイズは50mm×51mm×30mm、重量はわずか112gと小型軽量で携帯性も抜群。卵1個ぶんとほぼ同じサイズで、4ポート搭載の充電器はこれまでに見たことがありません。

折りたたみ式のコンセントプラグ

天面に折りたたみプラグを内蔵。プラグ部分が数ミリ出っ張っているので、爪が短くても指を引っかけやすいようになっています。

単独使用で最大65W、3ポートでも最大20Wの出力に対応

側面には出力ポートがType-C×3、Type-A×1の合計4つ備わっており、使用するポートと接続した数に応じて出力が変動します。

Type-C1と2は単独使用で65W、2ポートで45W、3ポート以上は20Wの出力になります。Type-C3とAポートは単独使用で30W、2・3ポートで20Wまたは18W、4ポート同時では2ポート合計で15Wに制限されます。

3ポート以上使用していても20Wまたは18Wで出力できるので、スマホやタブレットなどを同時に急速充電したい用途にぴったりです。

現在愛用中の「LilNob CIO-G65W2C1A」は、3ポート使用してもType-C1が45W出力になるのでノートPCの充電も可能でしたが、LilNob Shareは20Wずつに振り分けられるので充電できない点は注意が必要です。

他の製品とサイズ比較

サイズの参考までに、他社のUSB充電器とサイズを比較してみました。

左が18W出力のType-C・Aの2ポート搭載「RAVPower RP-PC108」、右がUSB-Aの4ポート搭載「Anker Power Port 4」です。

比較的コンパクトなRP-PC108と比べるとわずかに大きいものの、最大出力やポート数で優れています。少し古いPower Port 4と比べると、一回り以上小さくなっていて技術の進歩を感じました。

以前レビューした同社のUSB充電器「LilNob CIO-G65W2C1A」と比べるとこのくらいのサイズ。

左のLiLnob Shareは4ポート、右のCIO-G65W2C1Aは3ポートです。1ポート増えているのに重量やサイズはそれほど大きくなっていません。

CIO-G65W2C1Aは長方形に対し、LilNob Shareは正方形なのでコンセントに挿したときも自重で抜けにくい印象です。

「LilNob Share」を実際に使ってみた

まずはノートPCの「LIFEBOOK UH-X/C3」を充電してみました。Type-Cポート単独使用時は「19.6V2.69A=53W」で充電できています。

PCをフル充電にしたあとは充電器本体の発熱が気になりました。筐体が小さいので放熱が難しいのかもしれませんが、連続して使用する際は少し冷ましてからのほうが良いかもしれません。

Type-C2にスマートフォンを接続すると、Type-C1は最大45W出力に制限されます。さらにType-C3ポートも接続すると最大18Wずつの出力に低下します。

Galaxy Note10+、iPad mini5、LIBRATONE TRACK Air+の4つを接続すると、Type-C1の出力が足りずにノートPCを充電が切れてしまいました。ノートPCを充電するときは2ポート以内にする必要があります。

まとめ

コンパクトで高出力なUSB充電器も各社様々な製品が登場していますが、LilNob Shareはよりコンパクトで4ポートを搭載していることが挙げられます。主要な急速充電規格に対応し、使用ポート数に応じて最適な電力を出力することができて便利です。

クラウドファンディングサイトの「GREEN FUNDING」では、4,580円で支援者を募集しております。私のように充電器を1つにまとめて身軽に行動したい方や、ノートPCやタブレット、スマホなど様々なガジェットを持ち運ぶ方におすすめです。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する