Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【PR】17インチで1.35kg!大画面をモバイルできるノートPC「LG Gram 17Z90N」レビュー。 #LGgram #LGgramers

ノートパソコンにおいて「大画面」と「軽さ」は正義です。両者はトレードオフの関係になっていて、大画面になるほど本体サイズや重量が増していくのが当たり前でした。

そんな常識を打ち破るノートパソコンが「LG Gram」です。
17インチの大画面を搭載しているのに、本体重量は1.35kgと軽量ボディに仕上がっています。MacBook Pro 13インチよりも軽いってどういうことなの…?

バッテリー駆動時間が長く、豊富な入出力端子、メモリやストレージ増設可能な点など、魅力がぎゅっと詰まった快適に作業が行なえるノートPCです。

この記事は、LG Gramの魅力を伝える企画「LG grammers」のレビュー企画で、17インチ版の「LG Gram 17Z90N」をご提供頂きレビューしています。

スポンサーリンク

LG Gram 17Z90Nのスペック

スペックはLG Gram 公式サイトから引用。

17Z90N-VA52Jのスペック
本体カラーダークシルバー
本体サイズ380.6mm×262.6mm×17.4mm
重量約1.35kg
OSWindows 10 Home(64bit)
ディスプレイ17インチ WQXGA(2,560×1,600)縦横比16:10
IPS方式、「sRGB」を96%カバー
プロセッサー(CPU)第10世代 Intel® Core™ i5-1035G7
動作周波数1.2GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0適用時、最大3.70GHz
キャッシュメモリL3 キャッシュ 6MB
グラフィックスIntel® Iris® Plus グラフィックス
メモリ(RAM)DDR4 2400MHz 8GB×1
(空きスロット×1、最大24GB
内蔵ストレージ(SSD)NVMe™ 256GB
バッテリー駆動時間約19.5時間(80Whバッテリー)
※JEITAバッテリ測定法 Ver.2.0
入出力端子
  • 専用充電端子
  • HDMI×1
  • USB-A(USB 3.0)ポート×3
  • USB-C(Thunderbolt™ 3対応)×1
  • ヘッドホン出力
  • microSDカードスロット
生体認証指紋認証
BluetoothBluetooth 5.0
キーボード日本語104キー(10キー/バックライト付き)

17Z90N-VA72Jのスペック
本体カラーダークシルバー
本体サイズ380.6mm×262.6mm×17.4mm
重量約1.35kg
OSWindows 10 Home(64bit)
ディスプレイ17インチ WQXGA(2,560×1,600)縦横比16:10
IPS方式、「sRGB」を96%カバー
プロセッサー(CPU)第10世代 Intel® Core™ i7-1065G7
動作周波数1.3GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0適用時、最大3.90GHz
キャッシュメモリL3 キャッシュ 8MB
グラフィックスIntel® Iris® Plus グラフィックス
メモリ(RAM)DDR4 2400MHz 8GB×2
(空きスロット×0、最大16GB
内蔵ストレージ(SSD)NVMe™ 256GB
バッテリー駆動時間約19.5時間(80Whバッテリー)
※JEITAバッテリ測定法 Ver.2.0
入出力端子
  • 専用充電端子
  • HDMI×1
  • USB-A(USB 3.0)ポート×3
  • USB-C(Thunderbolt™ 3対応)×1
  • ヘッドホン出力
  • microSDカードスロット
生体認証指紋認証
BluetoothBluetooth 5.0
キーボード日本語104キー(10キー/バックライト付き)

17Z90N-VA74Jのスペック
本体カラーダークシルバー
本体サイズ380.6mm×262.6mm×17.4mm
重量約1.35kg
OSWindows 10 Home(64bit)
ディスプレイ17インチ WQXGA(2,560×1,600)縦横比16:10
IPS方式、「sRGB」を96%カバー
プロセッサー(CPU)第10世代 Intel® Core™ i7-1065G7
動作周波数1.3GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0適用時、最大3.90GHz
キャッシュメモリL3 キャッシュ 8MB
グラフィックスIntel® Iris® Plus グラフィックス
メモリ(RAM)DDR4 2400MHz 8GB×2
(空きスロット×0、最大24GB
内蔵ストレージ(SSD)NVMe™ 512GB
バッテリー駆動時間約19.5時間(80Whバッテリー)
※JEITAバッテリ測定法 Ver.2.0
入出力端子
  • 専用充電端子
  • HDMI×1
  • USB-A(USB 3.0)ポート×3
  • USB-C(Thunderbolt™ 3対応)×1
  • ヘッドホン出力
  • microSDカードスロット
生体認証指紋認証
BluetoothBluetooth 5.0
キーボード日本語104キー(10キー/バックライト付き)

今回ご提供頂いたのは、Core™ i7-1065G7、RAM 16GB、SSD 256GBの「17Z90N-VA72J」です。処理速度が早く、モバイルノートでも快適に作業が行なえます。

拡張性にも優れており、有料でメモリやストレージの拡張を行うことも可能です。サポート保証外でもよければ自身で分解して増設も容易に行えるのも嬉しいポイント。

入出力端子が多く搭載されており、HDMIやThunderbolt 3対応のUSB-C、USB-Aポートなど欲しい機能が揃っています。SDカードがフルサイズではなくmicroSDなのは注意。

個人的に嬉しいのがバッテリー駆動時間が約19.5時間と長いこと。1日中作業していてもバッテリー切れの心配がなく、USB PD(45W以上)対応の充電器やモバイルバッテリーがあれば充電することができます。

LG Gramの外観・デザイン

外箱はロゴが中央にあるだけの非常にミニマルなデザイン。届いた時点でパッケージが傷付いていたのはご愛嬌ということで…。

内容物はLG Gram本体、取扱説明書や保証書、専用充電器とケーブル、 USB-C to Gigabit Ethernet 変換アダプターが入っていました。

専用の充電器は比較的コンパクト。専用の充電器を使わなくても、USB PD(40W以上)に対応した充電器やモバイルバッテリーから充電できて便利です。

本体カラーはダークシルバーのみ。MacBookのような暗めのグレーがクールでかっこいいです。アルミのようなさらっとした触り心地で気持ちいい。

側面から見るとスリムでスタイリッシュな印象を受けます。ヒンジの繋ぎ目や閉じたときのズレもなく精巧な作りです。

ディスプレイを展開したところ。

ディスプレイは最大ここまで開きます。膝上での作業でも問題無いレベルでした。

LG Gramの特徴・メリット

■LG Gram 17Z90Nのメリット
  • 大画面・高解像度で映像に没頭できる
  • 大容量バッテリー内蔵で電池持ちが良い
  • 画面サイズに対して軽量でギリギリ持ち運べるサイズ感
  • テンキー付きが使いやすいキーボード、指すべりが最高なトラックパッド
  • 指紋認証(Windows Hello)対応でロック解除が楽
  • 豊富な入出力端子でUSBハブ要らず
  • メモリやSSDの増設が可能

大画面・高解像度で映像に没頭できる

LG Gram 17Z90Nのディスプレイは、17インチの大画面かつ高精細のWQXGA(2,560×1,600)のため、大きな画面を広々と使えます。画面のアスペクトは16:10と、一般的なワイドディスプレイよりも縦に少しだけ縦長の比率になっています。

これだけ広い作業領域があれば、外部ディスプレイを持ち運ばなくても1台だけである程度快適に作業できそうです。

発色も色鮮やかで視野角も広め。撮った写真の確認やレタッチ時には、高精細なディスプレイで細部までしっかりと確認できるのはメリットだと感じました。

デフォルトの拡大率は150%。文字も大きく見やすいサイズです。

少し小さくした125%表示。私はこのサイズが丁度良く感じました。

等倍の100%表示は小さな文字が見づらくなりますが、視力に自信がある人は頑張れば使えるサイズです。このサイズでも文字が潰れずに見えるのはすごい。

ベゼルをギリギリまで削った狭額縁設計により、同じ画面サイズのPCと比較して一回り小さくなっています。本体サイズは従来の15インチノートPCと大体同じくらいです。

ベゼル上部にはインカメラを内蔵。

ベゼルの下部にはLGのロゴがキラリと光ります。

個人的に残念だったのは光沢(グレア)液晶なところ。
色が鮮やかに表現できる反面、光の反射や映り込みが気になりました。反射防止保護フィルムなどで対策することをオススメします。

大容量バッテリー内蔵で電池持ちが良い

公称値は19.5時間使えると謳っていますが、実際のところ体感だと12時間以上は持ってくれている印象です。もちろん作業する内容や設定に大きく左右されるため、あくまでも参考程度に留めておいて下さい。

  • Chromeでブラウジング(TweetDeck、YouTube、調べ物をしながらWordPressの編集画面とプレビューを開く)
  • Photoshopで簡単な画像のレタッチ
  • テキストエディタでマークアップ
  • Fimolaを使った簡単な動画編集(カット、トランジション、テロップなど)

このような負荷の掛かる作業を行っていると、あっという間にバッテリーが減っていきます。外出先で長時間作業する予定があるときは、USB PDに対応のモバイルバッテリーを使って充電しています。

ファンの静音性も高く、静かな場所で作業してても音が気にならないのは嬉しい誤算でした。

画面サイズに対して軽量でギリギリ持ち運べるサイズ感

LG Gramの1番の売りである「軽さ」は初めて持つと衝撃を受けるほど楽に持ち運べます。15インチ以上のパソコンって通常は2kg前後あってもおかしくないはずなのに、LG Gram 17Z90Nはわずか1.35kg。

写真のように本体の角を片手で持てるくらいの軽さです。最近のモバイルノートは1kg以下のモデルも増えていますが、これだけ大画面で軽量なモデルは選択肢がほぼありません。

私が普段使っているユニクロのバックパックにギリギリ入るサイズでした。PCポケットのほうに入れようとしたら角が引っかかって入らず。

サイズ感が伝わりにくいと思ったので実写で。大きめのクラッチバックのように小脇に抱えて持ち運べます。

膝上で作業するとこんな感じ。遠目から見た限りだと大きすぎるような印象もないですね。

テンキー付きが使いやすいキーボード、指すべりが最高なトラックパッド

キーボードはテンキー付きの日本語配列です。キー同士の間隔(キーピッチ)は19mm程度と標準的。本体サイズが大きいこともあり、パームレスト部分のスペースに余裕があります。

バックライト付きで薄暗い場所でも作業しやすいです。

Enter周りのキーサイズが僅かに小さくなっていて、慣れるまでは打ち間違いが発生しやすくなっています。

右側のテンキーは従来モデルが3列だったのに対し、今作から一般的な4列に変更されて使いやすくなりました。

トラックパッドは大きめで、複数本の指を使用したジェスチャーでも窮屈さを感じません。MacBookに近いスムーズな指すべりを実現していて正確なポインティングが行えます。

実際に使っているイメージ映像がこちら。

キーの打鍵音はパチパチとした軽いタッチです。指へ適度な反発があり、長時間使っていても心地良く入力が行なえます。強めに叩いても本体がたわむこともありません。

指紋認証(Windows Hello)対応でロック解除が楽

テンキー右上にある電源ボタンは指紋認証センサーを内蔵。パスコードやPIN入力をせず、指一本で簡単にロック解除できて便利です。

使っているイメージ映像がこちら。認証スピードも非常に速く、認証精度も悪くないと思います。顔認証と比べて周辺の光や環境に左右されず、いつでもスピーディーにロック解除できるのは便利でした。

豊富な入出力端子でUSBハブ要らず

個人的に嬉しいのが豊富な入出力端子を備えているところ。

私が普段使用しているノートPC「LIFEBOOK UH-X/C3」も拡張性の高さがウリでしたが、同じように欲しいポートが全て揃っています。

  • 専用充電端子
  • HDMI×1
  • USB-A(USB 3.0)ポート×3
  • USB-C(Thunderbolt™ 3対応)×1
  • ヘッドホン出力
  • microSDカードスロット

左側面に充電端子、USB-A(USB 3.0)ポートが1つ、Thunderbolt™ 3対応のUSB-Cポート。

付属品の「USB-C to Gigabit Ethernet 変換アダプター」を使うと有線接続も可能です。

右側面にmicroSDカードスロット、ヘッドホン出力、USB-A(USB 3.0)ポートが2つ。

カメラが趣味な人はmicroSDではなくフルサイズのSDカードを利用している人も多いので、ここは好みが分かれるかもしれません。

メモリやSSDの増設が可能

LG GramがコアなPCユーザーにも人気の理由は、裏蓋を外せばメモリやSSDに簡単にアクセスできる仕様なこと。メモリは最大24GB(16GB+8GB)、SSDは標準搭載の256GBに加えて1TB~2TBの追加も可能です。

パソコンに詳しい方であれば自分で交換することも可能ですが、メーカー保証外の自己責任で対応することになります。

自分で対応する自信が無い方は、メーカー公式で「LG gram アップグレードサービス」を行っているのでこちらを利用しましょう。

LG Gramの注意点・デメリット

■LG Gramのデメリット
  • 天板の耐久性に不安が残る
  • スピーカーの音質はそれほど良くない
  • 狭いスペースでは窮屈に感じる

天板の耐久性に不安が残る

LG Gramの天板部分は軽さと強度を両立するマグネシウム合金を採用。米国国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)の7項目をクリアした耐久性に優れた製品です。

メーカーはこのように謳っているものの、実際は天板を上から押すとディスプレイが軽く凹みます。頑丈に作られているはずですが、過度な期待は禁物です。

スピーカーの音質はそれほど良くない

スピーカーは底面に2箇所あります。音質は特別悪いわけではないものの、そこまで良いとは言えず「普通」です。映画や音楽を楽しむには少々物足りなさを感じるかもしれません。

ディスプレイが高品質なので映像コンテンツとの相性も良さそうですが、低音が弱いため迫力に欠けます。ここは薄型設計なので仕方ないのかもしれません。

狭い場所では窮屈に感じる(作業スペースを選ぶ)

画面サイズに対してコンパクトとは言っても、狭いスペースで作業するには向いていません。カフェのテーブル席などを利用するときは、飲み物やケーキを横に並べることが難しいこともあるでしょう。

今回利用したカフェは広いソファ席が空いていましたが、電源のあるカウンター席などでは手狭に感じるかもしれません。マウスが必須という方は特に気をつけておきたいポイントです。

設置場所とは別の問題として、持ち運ぶ際のバッグも小さすぎるものは入りません。バッグやインナーケースを購入する際は15インチ以上に対応した大きめのサイズを選択する必要があります。

まとめ:大画面を無理なく持ち運べるメーカーのこだわりを感じる1台

LG Gramを初めて見たときは「17インチを携帯するなんて大きすぎる」と思っていましたが、しばらく使っていると作業領域の広さは効率アップに繋がり、今まで使っていた13.3インチが非常に窮屈に感じました。

実際大きいことは確かなのですが、無理なく持ち運べるギリギリを攻めた絶妙なサイズなんですよね。

本体重量は13インチと同程度、15インチの筐体サイズに収まっているので、「17インチ」という数値よりもコンパクトに感じます。

一般的なモバイルノートPCと比べて、作業スペースの確保やカバンの種類に制限が加わるものの、広い画面と打ちやすいテンキー付きのキーボード、正確なトラックパッド操作で生産性の向上に繋がります。

総合的に大きな不満のない優秀なノートPCだと思います。
重たいゲームなどには向いていませんが、一般的な用途で軽いノートパソコンが欲しい方には有力な選択肢となるでしょう。

値段は性能に比例して高額ですが、所有欲を満たしてくれる良い相棒となりました。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する