Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

最大65W出力・3ポート搭載の「LilNob CIO-G65W2C1A」レビュー!世界最小・最軽量で理想が詰まった充電器。

小さくてハイパワーな充電器を探し求めてきた中でも、これは!と思う製品が登場したのでご紹介します。

今回ご紹介する「LilNob CIO-G65W2C1A」は、クラウドファンディングサイト 「Makuake」 で630万円以上の支援を集めた製品。クレジットカードの約半分のサイズで最大65Wの高出力・3ポートを実現した急速充電器です。

重量105g、手のひらサイズながらノートPCやタブレット、スマートフォンを一度に充電することができる理想的な充電器です。ずっとこの仕様を探し求めていたので無事ローンチされて嬉しい限り。

今回メーカーのCIOへ問い合わせたところ、製品サンプルをご提供いただきました。本記事では製品写真とともにサイズ感や使い勝手をレビューしていきます。

■新製品発売記念クーポン(498円引き)
LILNOB65W
有効期限:2020年6月15日(月)まで

スポンサーリンク

「LilNob CIO-G65W2C1A」のスペック

CIO-G65W2C1Aは、次世代半導体GaN(窒化ガリウム)を採用したUSB充電器。USB PDに対応したノートPCやタブレット、スマートフォン、Nintendo Switchなどを急速で充電できます。

型番CIO-G65W2C1A
入力100-240V 50-60Hz 1.5A Max
対応急速充電規格PPS / PD3.0 / PD2.0
QC4+ / QC4 / QC3.0 / QC2.0
AFC / FCP / SCP / PE2.0 / PE1.1 / SFCP
USB-C1/ USB-C2ポート出力3.3V-11V=3A,5V/9V/12V/15V=3A,20V=3.25A(65W)
USB-A出力4.5V=5A,5V=4.5A,9V=3A,12V=2.5A,20V=1.5A(30W)
USB-C1+USB-C2出力45W+18W(63W)
USB-C1+USB-A出力45W+18W(63W)
USB-A/C2出力5V=3A,9V=2A,12V=1.5A
USB-C2+USB-A出力5V=3A(15W)
USB-C1+USB-C2+USB-A出力45W+5V=3A(60W)
サイズ約66x41x30mm
重量約110g(実測値105g)
カラーホワイト、ブラック

「LilNob CIO-G65W2C1A」の特徴

パッケージはシンプルで高級感のあるデザイン。裏面には製品の特徴や仕様が記載されています。個人的にはお問い合わせ先が分かりやすく記載されているのが好印象です。

内容物は充電器本体とユーザーマニュアルのみ。ケーブル類は入っていないので、自分で用意する必要があります。

ユーザーマニュアルは日本語に対応しています。製品仕様や注意事項のみ書かれた簡易的なものでした。

クレジットカードの約半分のサイズ

LilNob CIO-G65W2C1Aのデザインを見ていきます。

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色。今回はブラックを選択しました。表面は非光沢のマット素材で、指紋や汚れが付きにくくなっています。

側面中央にはロゴが印字されています。余談となりますが、クラウドファンディング登場時はロゴのないシンプルなデザインでした。プロジェクト途中でデザインが修正されて現在の形になりました。

本体サイズは約66x41x30mm。手のひらにすっぽりと収まるコンパクトなサイズです。細長い形状なので小さなカバンにも収まりがよく、携帯性に優れています。

重量は実測値で105gと非常に軽量で、Appleの61W 純正アダプタの約半分の重量です。同等の出力を持った3ポート搭載の急速充電器の中では最小クラスではないでしょうか。

底面には製品仕様が印字されています。PSEマークもちゃんと会社名まで記載されています。

コンセントプラグは折りたたみ可能

コンセントプラグは折りたたみ可能です。

海外の製品では変換アダプターを取り付けるため、プラグが奥まっている製品もあります。本製品はプラグの先端が少しだけ飛び出ているので指で引っ掛けやすくなっています。

コンパクトさを売りにしている製品なのにプラグが折りたためない製品は論外です。プラグが折りたたみできないとカバンの中で他製品を傷つけたり、取り出すときに引っかかりやすくなります。

2つのUSB-CポートとUSB-Aポートの合計3ポート搭載

LilNob CIO-G65W2C1Aは、USB-Cポートを2つ、USB-Aポートを1つ搭載しています。

出力は使用するポートによって異なり、USB-C1/C2の単体使用時は最大65W、USB-C1と2の同時使用は45W+18W(合計63W)、3ポート使用時は45W+5V=3A(合計60W)で利用できます。

複数ポート使用でも1ポートは最大45Wの出力が行えるため、MacBookを始めとするノートPCの充電も可能です。これ1つで複数デバイスを一度に充電できるので、複数の充電器を持ち運ぶ必要が無くなります。

他社製品と比較してみる

他社製品とサイズを比較してみました。

左の製品は「Baseus GaN Quick Charger BS-C915(以降BS-C915)」、中央は今回紹介する「LilNob CIO-G65W2C1A」、右の製品は「RAVPower RP-PC112(以降RP-PC112)」です。

BS-C915と比較すると、縦に少し大きく横幅が小さくなっています。細長い形状のほうが嵩張らないメリットがある反面、壁のコンセントに挿して使うと自重で抜けやすくなります。

RP-PC112は最大61Wの出力に対応。縦横49mm四方の正方形のため非常にコンパクトで取り回しやすい充電器です。角に丸みを持たせて持ちやすい形状になっています。

横幅についてはどちらもほぼ同じサイズ。厚みを30mm前後に抑えているため隣のコンセントに干渉しないようになっています。

最大の違いは出力W数とポート数です。BS-C915はUSB-C2が30Wなのに対し、LilNob CIO-G65W2C1Aは2ポートともに65Wに対応しています。

RP-PC112は61W出力のUSB-Cポートが1つ。コンパクトで携帯性に優れているものの、1ポートだけだとスマホやワイヤレスイヤホンなどを同時に充電することができません。

高出力かつ3ポートに対応した製品はまだまだ数が少なく、これだけコンパクトなサイズを実現したのは驚きです。手にとったときにフィットするように側面に少し窪みを持たせていたり、よく他社製品を研究して作られていると感じました。

実際に使ってみた

壁面のコンセントに挿して利用すると、充電器本体やプラグに負荷が掛かりそうな形状ですが、重量が軽いためそれほど抜け落ちそうな感じはしません。心配な方は短い延長コード等を利用すると良さそうです。

LilNob CIO-G65W2C1Aを使用してLG Gram 17Z90Nを充電してみると、19.4V=2.08A(約40W)の出力が行われました。ノートPCの充電もよほどパワーを使う処理をしなければ、使用しながらでも問題なく充電できています。

LG Gram 17Z90NとGalaxy Note10+を2台同時に充電すると、Galaxy Note10+へ8.74V=1.94A(約17W)が出力されています。

3ポート同時に給電すると、充電器本体の発熱が気になりました。触れないほど熱くはなることはありませんが、熱がこもりやすい環境で使用するのは避けたほうが無難です。

まとめ:持ち運びに最適な理想の充電器

これまでに数多くの充電器をレビューしてきましたが、小型軽量で最大65W出力と3ポートに対応した本製品はまさに探し求めていた理想的な充電器と言えます。

デバイスごとに充電器を持ち運ぶ必要がなくなり、旅先などのコンセントが限られている場合でもまとめて充電することができます。荷物を減らして身軽に行動したいミニマリストの方、USB PDで充電できるノートPCを持ち運ぶ方にオススメです。

■新製品発売記念クーポン(498円引き)
LILNOB65W
有効期限:2020年6月15日(月)まで
鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する