Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

USB Type-C 65W給電対応の24型4Kモニター「JN-IPS24UHDRC65W」レビュー。M1 Macユーザーにはおすすめできない

JAPANNEXTから2021年2月に発売された4Kモニター「JN-IPS24UHDRC65W」を購入したのでレビューします。

本製品は最大65Wの給電・映像出力に対応したUSB Type-Cポートを搭載し、MacBookやWindowsノートPCなどをケーブル一本で接続できるのが特徴。

非光沢パネルで光の反射が少なく、FreeSyncやフリッカーフリー機能にも対応しています。これだけ多機能なのに価格は3万円台前半でお買い得なモニターです。

概ね満足していますが、M1 Macとの相性が悪くてHidpi設定が使えない点には注意が必要です。

JN-IPS24UHDRC65W

JN-IPS24UHDRC65W

33,500円(07/28 13:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

JN-IPS24UHDRC65Wの外観

パッケージは日本メーカーらしいゴテゴテとしたパッケージ。製品の特徴がずらりと列挙されています。

電源アダプタとケーブル、HDMIケーブルが入っています。アダプタが想像以上に大きいので設置場所には注意が必要です。

高さが低かったので、ニトリのモニター台に置いて高さを稼ぎました。

最近流行りのウルトラワイドモニターにしようか迷いましたが、首の横移動が増えて逆に使いづらそうだったので16:9の4Kモニターにしました。

IPS液晶なので発色はまずまず。表面処理はノングレアで光の反射も少ないです。応答速度は5msなのでゲーム用途よりも事務作業に向いています。

スタンドがショボいのでモニターアーム推奨

スタンドは上下の角度調整のみ行える簡易的なもの。今まで使っていたDELLのスタンドは高さ調整やチルト、回転まで対応した高機能だったのでギャップがすごい。

このスタンドはちょっと触るとグラグラ揺れるレベルなので、ぶっちゃけあまり良くありません。VESA規格のモニターアームを設置したほうが良さそうです。

背面左側にボタンやポート類を搭載

ボタンやポート類はすべて背面の左側(ディスプレイ側から見た右側)に配置されています。ボタンも硬めで操作性はイマイチでした。

背面のポート類は、左からHDMI 2.0、Display Port、Type-C、USB-B、USB-A×2、3.5mmイヤホンジャック、電源コネクタ。

USB-CケーブルまたはUSB-B端子に別売りのケーブルを接続し、PCと接続することでモニターに備え付けられたUSB-Aポートが使えるようになります。

JN-IPS24UHDRC65Wのスペック

JN-IPS24UHDRC65Wのの仕様は以下の通り。

本体寸法(幅×高×奥行) 556x420x178mm(スタンドあり)
梱包時(幅×高×奥行) 590x395x110mm
本体重量 約3.1kg
パッキング総重量 約4.2kg
パネル種類 IPS
ディスプレイサイズ 24型
バックライト LED
輝度 300cd/m2
コントラスト 1000:1
画素ピッチ 0.137mm
アスペクト比 16:9
応答速度 5ms
解像度 4K(3,840×2,160)
視野角 H:178° V:178°
チルト機能 +5 / -15°
表面処理 非光沢
表示色 1.07b colors
ブルーライト軽減 対応
フリッカーフリー 対応
HDCP 対応
Kensington ロック 対応
VESAマウント 対応(75mmX75mm)
表示可能最大解像度
  • HDMI 2.0:3840×2160@60Hz
  • DisplayPort 1.2:3840×2160@60Hz
  • Type-C:3840×2160@60Hz
USBポート USBx2:Type-C接続時 キーボード/マウスを利用できます。
USB-B端子にPCのUSB-A端子を変換ケーブル(別売)で接続することにより、HDMI、DisplayPort接続時でもマウス/キーボードを接続して使用できます。
スピーカー スピーカー(Typical):2Wx2、イヤホン
電源 AC 100-240V 50/60Hz / To DC 12V 4A
消費電力:最大≦28W 標準≦18W 省エネ≦12W
付属品 電源アダプタ、電源ケーブル、HDMIケーブル、取扱説明書

画面サイズは24インチ、解像度は4K(3,840×2,160)のアスペクト比16:9のモニターです。IPSパネルなので視野角や色表現が高く、ブルーライト軽減やフリッカーフリーにも対応しています。

今まで使っていたDELLのモニターとほぼ同じ大きさで解像度や対応ポートだけ違うようなスペックです。このモニターもまだ使えますが、HDMI非対応で

実際に使ってみた

WindowsのデスクトップPC、ノートPCと、M1搭載Mac miniに接続して動作確認してみました。

WindowsデスクトップPCに接続

WindowsのデスクトップPC「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に接続するとこんな感じ。前のモニターで使っていたDisplay Portケーブルで問題なく表示されました。

ディスプレイ設定から画面表示倍率を150%にして使用しています。これでも少し小さく感じることがありますが、視力の良さでカバーしています。

Type-C 1本でノートPCに接続。65W給電も同時に行える

LG GramとType-Cによる接続も問題無かったです。普段はノートPC単体で使用して、自宅ではモニターに接続してデスクトップPCのように使用したい人には便利だと思います。

USB Type-Cケーブル1本の接続で65Wの給電も同時に行われるため、デスク周りがスッキリします。

内蔵モニターは使用せず、外付けの大画面ディスプレイだけに表示させるMacのクラムシェルモードのように使用することもできます。キーボートやマウスを別途用意する必要がありますが、ノートPCをデスクトップPC本体のように振る舞うことも可能です。

「スタートメニュー」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」から【次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする(電源に接続時)】を「なし」に変更します。
続いて、「電源の追加設定」→「カバーを閉じたときの動作の選択」をクリックし、「電源に接続」の「カバーを閉じたときの動作」の欄のボタンをクリックして、表示される一覧から「何もしない」を選択します。

これでノートPCのディスプレイを閉じた状態でもモニターに映像が出力されます。

M1搭載Mac mini(2020)ではHidpiが設定できない

M1搭載のMac miniに接続すると、表示倍率を選ぶことができずめちゃくちゃ小さく表示されました。どうやらM1 macとの相性が悪く、Hidpiの設定が表示されないようです。

この方法を試してみましたが、私の場合は解消されず…。

後日Amazonのレビュー欄を見ると、私と同じく「M1 Mac miniとJN-IPS24UHDRC65Wの組み合わせでHidpiが使用できなかった。」と書かれていました。

M1チップ搭載のMac miniのデスクトップ作業用モニターとして購入したのだが、現時点では作業用モニターとしてはFullHD1920×1080解像度でしか使用できない状況が続いている(2021/04/29)。

公式JAPANNEXTサイトでの、設定解像度説明では、SD:720×480、HD:1280×720、FullHD:1920×1080、UltraHD(4K):3840×2160の4パターンが提示されているが、M1チップ搭載のMac miniでの解像度設定も、その4パターンが基本設定となっており、optionキーを押しながら「変更」を選択して追加される擬似解像度?もHD:1280×720以下の選択肢が増えるのみで、FullHD:1920×1080〜UltraHD(4K):3840×2160の間の解像度は選択できない。

実際、24インチサイズでの4Kモニターでは、ファイルやフォントなどが小さすぎて、作業用モニターとしては使用が不可能で、映画などの映像を再生して見るぐらいしか4Kは使わない状況です。
別サイズや、他メーカーのディスプレイでも擬似解像度問題があるらしく、Apple側もOSのアップデートでその問題は対応するとのコメントがあるらしいが、このモニターでの問題は改善できるのか否か不明な状況。(2021/04/29改善なし)

【2021/4/29 macOS Big Sur11.3 アップデート後追加】
モニターと接続するケーブルの問題かと思い各種ケーブルパターンでの接続を行いました。

1)モニター側、Macmini側、両口ともHDMIの通常 HDMIケーブル
 上記状況。補足情報として、音はモニタースピーカーへの切り替えはOSモニター上で可能だが、モニタースピーカーの音量はOS上では変更できない。モニターの裏側の使いにくいボタンで設定した音量のまま。
 
2)モニター側HDMI、Macmini側タイプCのケーブル
 「パニック修復ブート」エラーが起こり、途中で何ども画面が落ちる結果に、念の為システム再インストール後も同じ結果。Appleのサポートに相談したところ、結局、モニターとの相性が問題らしい。

3)モニター側、Macmini側ともタイプCのケーブルで直接繋ぐ。念のためMac純正の変換ケーブルを介してのタイプCケーブル接続。モニターは全く反応せず、真っ暗のまま。うんともすんとも言いません。

結論:安く最新Mac環境を手に入れようとして私と同じ失敗をしないように。iMacを購入しましょう。あくまで、M1 Macminiとの相性での評価です。

引用元:Amazon | JN-IPS24UHDRC65W | JapanNext | ディスプレイ 通販

まとめ

JN-IPS24UHDRC65Wを数週間使ったところ、作業領域が広がってめちゃくちゃ使いやすいです。今までフルHDモニターで十分だと思っていましたが、4Kに慣れると画面の粗さが気になってきます。

よく「24インチで4Kモニターは不要」と言われていますが、拡大倍率を上げて使う分にはフルHDよりも高精細に見えて使いやすいです。

4Kをドットバイドットで使いたければ、40インチオーバーの巨大なモニターを買っておくほうが無難です。設置スペース的に24インチくらいがちょうどよかったので概ね満足しています。

Type-C接続に拘りがなければ、LGやDELLなどの海外メーカーの製品のほうがオススメ。個人的には3万円台という価格で欲しかった機能が揃っているので、コスパ重視の方は買っても十分満足できるかと思います。

JN-IPS24UHDRC65W

JN-IPS24UHDRC65W

33,500円(07/28 13:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する