Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

春秋航空日本(Spring Japan)の機内持ち込み手荷物の制限が5kg→7kgに緩和。2018年10月28日から適用

LCCの春秋航空日本(スプリングジャパン)では、2018年10月28日搭乗分より機内持ち込み手荷物の重量を5kg→7kgに緩和されます。他社のLCCだと7kgまたは10kgの場合が多く、制限が特に厳しい印象がありました。

スポンサードリンク

2018年10月28日以降から機内持ち込み手荷物を5kg→7kgに緩和

公式サイトの手荷物についてを確認してみると、「機内にお持ち込み可能な手荷物」の項目で重さが5kgとあるが、(搭乗日2018年10月28日から7kgまで)という注釈が入るようになりました。

機内持ち込み可能サイズのスーツケースだとしても重量が2~3kg近くあるため、以前の5kg制限だと多くの人が有料オプションを追加する必要がありました。そのため、私も積極的に利用することはなく、PeachやJetstarなどの他社のLCCを使っていました。(そもそも沖縄便が飛んでいないし)

気になったのは手荷物の個数が1個とされているところ。下の注釈を見る限りだと、ハンドバッグなどの手回り品と合計2つという認識ですが…。

機内に持込むことができる手荷物は会社規定に定められた身の回りの品(ハンドバックなど)1個のほか、客室内の収納棚または前の座席の下に収納可能なもの1個とし、かつそれらの重さの総計が5kg(搭乗日2018年10月28日から7kg)以下とします。

引用元:日本国内の手荷物サイズの重量と制限 – 春秋航空日本公式サイト

機内持ち込み手荷物制限の緩和によって今後は利用する機会も出てくるかもしれません。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する