Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

ユニクロのウエストバッグが想像以上に使いやすかった

ユニクロのバックパックを愛用中の私ですが、普段使いできる小さめのカバンが欲しくなりました。というのも、仕事へ行くときや近所の買い物ではパソコンを持ち運ぶ必要がないため、わざわざリュックを背負う必要もないかなと思い始めたのです。

そんなちょっとしたお出かけ用にユニクロのウエストバッグを購入してみました。スマホやモバイルバッテリー、カメラなどを持ち運ぶにはちょうどいいサイズ感で便利でした。

スポンサーリンク

ユニクロの3WAYで使えるウエストバッグが超便利

こちらがユニクロのウエストバッグです。価格は税込2,149円でした。

・お客様の声にお応えして、ショルダー部分を長めに設計。
・どんなコーディネートにも合わせやすい、コットン見えする生地。
・耐久性の高いナイロンをブレンドして、こすれても傷みにくい丈夫な生地に。
・ホコリが付きにくいように、生地の織り方を改善。
・ペットボトルも収まる便利なサイズ。
・内装には便利なフックをプラスし、定期入れなどを落としにくい仕様にアップデート。

引用元:ユニクロ|ウエストバッグ||公式オンラインストア(通販サイト)

素材[表地] 本体:77% 綿、23% ナイロン
メッシュ部分: 100% ポリエステル
裏地: 100% ポリエステル
サイズ横(底)29×縦17×幅5cm
ウエストベルトの長さ:31~105cm
ショルダーベルトの長さ:67~127cm
取り扱いドライクリーニング不可

上下には2箇所ファスナーが付いていてガバっと開きます。

ファスナーは世界シェアNo.1のYKK製。開閉がスムーズで引っ掛かりがありません。

背面側のスペースにはポケットが2つ付いていて、カメラやモバイルバッテリーを入れるのにちょうど良さそう。スマホを入れると少し横幅に余裕がありました。

ポケット内部に鍵を取り付けられるカラビナが付いていました。細かい部分まで使い勝手を第一に考えられています。

見た目以上にたっぷり入る収容能力に惚れた

どれくらい入れられるのか実験するために、普段持ち歩いている荷物を移し替えてみました。

これだけ詰め込んでもチャックは閉まりますが、流石にちょっと入れすぎですね。シルエットが崩れてずっしりと重みを感じます。

折りたたみ傘がかなりゴツいタイプのやつなので、もう少しコンパクトなサイズを選べば余裕ができると思います。

ペットボトルも内部スペースを占領してしまうので、普段は100均で購入したペットボトルホルダーに外付けして持ち運び運んでいます。参考までにAmazonで購入できる関連商品を掲載しておきます。

ボディバッグのように肩にかけてみたイメージはこちら。
季節外れにダウンジャケット羽織っているので分かりにくいですが、一般的なボディバッグと同じくらいのサイズ感です。ウエストポーチのように腰に巻くとドラえもんのポケットのような感じになります。

3Wayで使える工夫が嬉しい

背面はメッシュ素材で夏場も蒸れにくくていい感じ。

長さ調整可能なバックル付きの太めのベルトが付いています。バックルはガチッと固めで不意に外れる心配もありません。

そのまま腰に巻いて使うも良し、ベルト部分を伸ばしてたすき掛けすることでボディバッグとしても使用できます。

ウエストバッグ用の紐はメッシュ裏に隠す事ができて嵩張りません。この部分は細長いガイドブックやパンフレット等の収納にも向いているので、テーマパークや観光スポットに訪れたときにも使いやすそうです。

左右についた穴に付属のストラップを取り付けると、ショルダーバッグとしても使えます。紐は細くて頼りない感じなので、別途ショルダーベルトを購入してカスタマイズするのも良さそうですね。

旅行中のサブバッグとしても便利

単体としても十分使いやすいバッグですが、旅行中にサブバッグとして使うのも便利だと思います。ユニクロのバックパックと並べてみると、ちょうど前面のポケットと同じくらいのサイズですね。

旅行中の荷物をイメージして公園の原っぱに並べてみました。
左の充電グッズを詰めたポーチはリュックのポケットに収納し、右のスマホやカメラ、充電器やモバイルバッテリーと使い分けることで、よく使うものが取り出しやすくなります。

まとめ

ユニクロのウエストバッグはオンラインショップでも購入できます。店舗受け取りにすれば送料無料です。

カラーはブラック、レッド、ブラウン、オリーブ、ネイビーの5色から選べるので、一度店頭で色合いを見てから注文してみると良いかもしれません。私はリュックに合わせてブラウンにしようと思いましたが、若干黄色っぽいカラーなので急遽オリーブに変更しました。

見た目はシンプルで男女問わず使えて、見た目以上にたっぷり入るボディバッグ。撥水加工が施されているので雨の日でも荷物が塗れにくく、細部までこだわって作られた製品でした。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する