Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

LCCと全国旅行支援を使った北海道旅行2日目。モエレ沼公園と白い恋人パークを巡り、Jetstarで大阪まで移動してきた!

LCCと全国旅行支援を使った一人旅の2日目。1日目はLCCのPeachで北海道から沖縄まで移動し、ホテルのチェックインとラーメンを食べるだけの緩い1日となりました。

今回はタイトルにもある通り、モエレ沼公園のガラスのピラミッドと、白い恋人パークの観光地を中心に巡ります。

観光し終えたら、すぐに北海道から大阪まで移動します。昨日の夜来たばかりなのにもう移動するのって感じですが、私の旅はいつも落ち着きがありません。

1日目の様子はこちら

スポンサーリンク

ホテルアベスト札幌の朝食バイキングを堪能

昨晩泊まったホテルは「ホテルアベスト札幌」という場所です。

自分で海鮮丼が作れる朝食バイキングが有名なホテルで、ジンギスカンやデザートなども食べ放題。朝からガッツリ食べたい人にオススメ。

お部屋の様子や朝食バイキングのラインナップは個別記事にまとめています。

大通公園を通り、地下鉄とバスを経由してモエレ沼公園へ

朝ごはんを食べてからホテルをチェックアウトし、散歩がてら大通公園までやって来ました。この日は雨予報なので雨が降る前にサッと観光して戻ってくる作戦です。

モエレ沼公園へは地下鉄とバスを乗り継いて向かいます。

まずは地下鉄「大通駅」から東西線に乗って1駅の「バスセンター前駅」まで移動します。

本来は4駅先の「環状通東駅」で降りて、そこからバスで「モエレ沼公園東口」に降りたら近いのですが、なぜか無駄に歩くコースを選んでいました。

地下鉄を複数回利用する予定があったため、事前に地下鉄専用1日乗車券(830円)を購入しました。土日祝祭日であればドニチカキップ(520円)を使って安く移動できます。

バスセンター前からバスターミナルに移動します。乗り方が分からずアタフタしてましたが、乗降時にSuicaをかざすだけでOKでした。

豊畑まで到着しました。ここからガラスのピラミッドがあるモエレ沼公園を15分(1.5km)歩きます。

Googleの指示に従い、道なき道を進みます。ほんとにここで合ってるか不安でツイートしたところ、ちゃんとした入り口は右側でした。

少し息が上がりつつも無事到着しました。中の様子については個別記事にまとめています。

バスと地下鉄で札幌市街地まで戻る

ガラスのピラミッドに1時間ほど滞在したあとは、バスに乗って札幌市街地まで戻ります。

お昼ごはんを食べるために札幌時計台の近くで降車しました。時計台については3年前に行ったことがあるのでスルーで。

お目当ての雪印パーラーは定休日で、スマイルクーポンが使えるお店を探すのに一苦労。

大通公園に戻って写真を撮っていると、Twitterのフォロワーさんが駆けつけてくれました。仕事の休憩中にわざわざ足を運んでくれたそうで。少し話をしてツーショットを撮って解散しました。

お昼ごはんはスープカレーの人気店「suage+」で

お昼ごはんは、札幌のスープカレー専門店「suage+」に行ってきました。平日の14時に訪問しても行列ができていました。20分ほど並んで店内に入れました。

営業時間 平日:11時30分~21時30分(ラストオーダー21時)
土曜日:11時~22時(ラストオーダー21時30分)
日曜祝日:11時~21時30分(ラストオーダー21時)
定休日 なし
住所 〒064-0804 北海道札幌市中央区南4条西5丁目6−1 都志松ビル2階
電話番号 01-1233-2911


落ち着いた雰囲気の店内はスープカレーの香りがする空間。2階のカウンター席に案内されました。

注文したのは「チキンレッグと野菜カレー(揚げ・煮込み)」で、価格は税込1,180円。今回もサッポロ割のスマイルクーポンを使用しました。

スープはSuageスープ、ご飯の量は普通、辛さはピリ辛、チキンのパリパリ感を味わえる「揚げ」を選びました。店名にもある通り、素揚げした野菜やお肉がゴロゴロ入った具だくさんのスープカレーです。

食材は基本的に北海道産を使用し、お店で精米した白米と玄米、赤米をブレンドしたお米を提供しているんだとか。

気になるお味はもちろん美味しい。甘みとスパイスの辛さがちょうど良く、野菜の食感や風味が楽しめます。ドロッとしたスープをご飯と絡めて食べると最高です。

suageのInstagramアカウント(@soupcurry_suage)をフォローするとドリンク一杯が無料になりました。コップや食器もsuage+のロゴ入りでした。

具だくさんなので普通盛りでも結構お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。

地下鉄に乗って白い恋人パークへ

フライトまでもう少し時間があるので、地下鉄に乗って白い恋人パークに向かいました。札幌の中心から少し距離がありますが、地下鉄に乗って徒歩数分で行けます。

地下鉄「大通駅」から「宮の沢駅」まで移動し、改札を出ると駅の至るところに案内があります。道案内に従って進むとあっという間に到着しました。

建物外観はこちら。「白い恋人チョコレートファクトリー」と巨大な看板が目印。この工場は施設の一部で、庭園やサッカー場などもあるんだとか。

建物の中に入る前からテーマパークらしい雰囲気が出ています。園内はどこを撮っても写真映えする空間で、カップルや家族連れが多く遊びに来ていました。

工場見学をする場合は入場料が必要です。入場料は大人一般800円、札幌市民や団体だと500円です。子供料金は一般400円、札幌市民や団体は300円になっています。

■有料チケットで入れる施設
  • チョコトピアファクトリー
  • チョコトピアハウス
  • スタディベース・カカオポッド
  • チョコレートラウンジ・オックスフォード(飲食代別)
  • スイーツワークショップ・ドリームキッチン(体験料別)
  • ガリバータウン・ポッケ

今回はあまり時間がなかったので、無料で回れる場所だけ散策してみることに。

入り口から入るとローズガーデンという中庭があります。夏はバラや季節の花が咲き誇り、冬は雪化粧した街を楽しめます。

からくり時計塔は1時間ごとに音楽が鳴り、時計の中から動物やコックが出てきて約10分間のパレードが始まります。

10月下旬に訪れたときは紅葉が見られました。シャボン玉が飛んでいたり、音楽に合わせて人形が踊っていたり…近くにいる子どもたちも大はしゃぎしていました。

せっかく来たんだし…と白い恋人のソフトクリーム(400円)を注文。寒空のなか食べるアイスは身体が小刻みに震えるほど美味しかったです。

施設内ではお土産やレストランもあります。無料エリアの「チュダーハウス」は舞踏会のような階段があり、そこでみんな写真を撮っていました。私はぼっちで来たので自撮りするしかありません。

建物の中にシカを発見して満足したのでそろそろ帰ります。

宮の沢駅から新さっぽろ駅を経由して新千歳空港へ

そろそろフライトの時間が迫ってきたので、地下鉄とJRを経由して新千歳空港まで向かいます。

地下鉄「宮の沢駅」から東西線の「新さっぽろ駅」に移動し、JRの「新札幌駅」から新千歳空港に行くコースです。これなら地下鉄の1日乗車券をフル活用できます。

飛行機出発の1時間半前に新千歳空港に到着。いつもはギリギリの時間に空港に来ていますが、空港の中を散策するために少し早めに来てみました。

広すぎて困る新千歳空港を散策

まずは空港内のショップで全国旅行支援のクーポンが使えるお店を探します。今回は白い恋人などが売っている「スノーショップ」でお土産を3,000円分購入しました。

これでもらったクーポンは全て消化できて一安心。

夕ご飯時ということもあり、ラーメン道場はどのお店も激混み。1日目に食べたえびそば一幻は行列が出来ていました。やっぱり初日で食べてて正解でした。

それにしても新千歳空港は広すぎて回るのが大変です。映画館や温泉施設まであるので、どれだけ長い待ち時間でも飽きずに楽しめそうです。

続いて向かったのは新千歳空港のカードラウンジ。ココアや牛乳などを飲んでスマホやカメラを充電していました。

利用者も結構多く、ビジネスマンからカップル、家族連れまで様々。建物内は暖房が効いていて厚着していると汗だくになります。

展望デッキからは飛行機と夜景を楽しめます。望遠レンズを持って撮影しているカメラマンもいました。

時間が迫ってきたので急いで保安検査場に向かいます。のんびり散策してたらいつも通りギリギリの時間になってしまいました。

Jetstarで新千歳空港から関西国際空港へ

次のフライトはJetstarで新千歳空港から関西国際空港までの約2時間ちょっと。席は通路側で夜景が見られないのが少し残念でした。

ちなみに、新千歳空港から関西国際空港までの運賃は片道1,870円でした。3年前に日本一周したときは片道508円だったので、それと比べると割高になってしまいました(?)

それよりも後ろの外国人家族がめちゃくちゃ大声で喋ってて治安が良くなかった。子供はラムネの空箱を後ろから投げてくるし、それに対して叱って子供が大泣きして止める術がないという…。

飛行機が20分遅延して関西国際空港に到着。今日の宿は深夜0時のチェックインで予約していて、到着時間が間に合うか微妙だったのですぐに連絡しました。

空港から大阪中心部までの移動は「関空ちかトクきっぷ」を使います。大人1,020円、小児510円でなんば駅~関西空港駅と大阪メトロ各駅まで移動できます。

今回予約したホテルが本町にあるので、通常だと1,110円掛かります。割引額としは数十円しかないですが、もっと遠い場所に行くときは割引額が大きくなるのでオススメです。

注意点として、南海電鉄と大阪メトロの乗り換えは必ずなんば駅を利用してください。天下茶屋駅では乗り換えできません。

大阪メトロのなんば駅から本町まで到着した時間は23時45分。日付が変わるギリギリにホテルまで到着できそうです。

本町駅から徒歩3分ほどで本日のホテル「トラベロッジ本町大阪」に到着しました。朝からずっと歩きっぱなしなので流石に疲れました…。

トラベロッジ本町大阪(2022年9月28日オープン)
2022年9月28日開業。大阪メトロ本町駅より徒歩約3分。コワーキングスペース利用可能。
4,250円~
楽天トラベルで予約する
住所 〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3-2-6
最寄り駅 大阪メトロ御堂筋線・中央線・四ツ橋線 本町駅 3号出口 御堂筋本町ビル内 安土町方面通路(コンビニ側)を出て徒歩約3分
電話番号 06-4963-2196
評価 4.5

そんな疲れを察してくれたのか、ホテルの部屋がアップグレードされてシングルからツインルームになっていました。今回も全国旅行支援を使って実質0円の宿だったのになんだか申し訳ないような。

トラベロッジ本町大阪(2022年9月28日オープン)
2022年9月28日開業。大阪メトロ本町駅より徒歩約3分。コワーキングスペース利用可能。
4,250円~
楽天トラベルで予約する
住所 〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町3-2-6
最寄り駅 大阪メトロ御堂筋線・中央線・四ツ橋線 本町駅 3号出口 御堂筋本町ビル内 安土町方面通路(コンビニ側)を出て徒歩約3分
電話番号 06-4963-2196
評価 4.5

まとめ

旅行2日目は札幌中心地から少し離れたモエレ沼公園と白い恋人パークを巡り、広すぎる新千歳空港を散策して大阪に向かいました。

朝からずっと歩きっぱなしだったので、ホテルに着いたらすぐに寝てしまいました。もっと周辺とか散策したかったのですが体力の衰えを感じます。30代になっても20代前半のような動き方するから悪いですね。

3日目は大阪を離れて鈍行列車で金沢を目指します。大阪観光はもう少し先のお話です。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する