Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

本格監獄レストラン「OKINAWA PRISON(沖縄プリズン)」で囚人体験をしてきた。 #okinawaprison

2017年12月1日(金)那覇国際通り沿いにOKINAWA PRISON(沖縄プリズン)がオープンしました。沖縄初の「囚人体験」ができる本格監獄レストランです。場所はゆいレール牧志駅から徒歩3分の便利なスポットにあり、女性専用ドミトリーや男女混合コンドミニアムを併設しています。

前々から行ってみたかったのですが、「一人で行くような場所じゃないしな…」と様子見していたら沖縄のフォロワーさんが声掛けてくれたので、仕事帰りに予定を合わせて一緒に行ってみることに。

スポンサードリンク

OKINAWA PRISONとは

OKINAWA PRISONは刑務所をモチーフとした内装の面白いコンセプトのレストランです。ドミトリータイプの女性専用ゲストハウスと、大人6名まで収容できる男女混合コンドミニアムを併設しています。

ゆいレール牧志駅から徒歩3分の場所にありますが、看板が目立たないのでちょっと分かりにくい位置にありました。アクセス方法は公式Twitterに載っています。

YouTuberのハイサイ探偵団 孫六さんの動画でもお店の紹介がされています。動画に出てくる女性の方はこのお店のオーナーさんらしいです!


刑務所をテーマにした内装が本格的!

こちらが店舗外観。雑居ビルの5階にレストランがあるため看板を見逃すと辿り着けません。「楽しい刑務所レストラン」と大きく書かれた看板が目印です。

エレベーターに入ると5Fを指し示すイラストや説明が書かれいていました。お店に入る前からワクワクが止まりません…!

5階に上がると重厚感のある鉄製の扉とOPENの立て看板。その横には大きなイラストもありました。

扉を開けてまず目に入ったのは、サイトのトップページでも使われている写真撮影用の監獄ベット。鉄格子で囲われた狭い部屋は天井をトタン屋根にするこだわりが凄い。間違いなくインスタ映えスポットです。

その隣にはドミトリーやコンドミニアムを利用する方の受付(看守室)もこの階にあります。館主を務めるオーナーさんは、女性警官の服装や囚人の格好をしています。

階段は模範囚室と書かれたVIPルーム(コンドミニアム)に繋がる場所です。

鉄格子で区切られた店内は非日常感を味わえます。とにかく内装のこだわりが強いのでどこを撮っても面白い写真が撮れると思います。

小物や雑貨などはアンティークショップで購入しているんだとか。

拳銃やら手錠まであるので、かっこいい写真も沢山撮れますよ!

5~6人程度座れるテーブル席が4ブロックほどありました。

とりあえず席に着いて飲み物を注文。薄暗い店内でろうそくの明かりで飲むのは雰囲気たっぷりで最高ですね。

お店の方が「写真撮るなら店内明るくしますか?」と聞いてくれましたが、刑務所感ある薄暗いままで頂きました。

コーヒーや紅茶、日替わりスープなどはセルフサービス方式で飲めます。

対面型のキッチンは明るく清潔感がある中、冷蔵庫には「KEEP OUT」の張り紙がある徹底っぷり。コンセプトや世界観を崩さない強いこだわりを感じます。

アメリカンテイストのメニュー

2018年3月現在のメニューはこんな感じ。

ハンバーガーやパンケーキなどのアメリカンテイストのメニューが並びます。特にステーキは周辺のステーキハウスと比べてもかなり安くしていると思います。公式サイトには価格が書かれていなかったので余計な心配でした。

メニューの名前も独特なネーミングセンスで面白いですね。こういったセンス嫌いじゃない。

期間限定でSNS(YouTube、Twitter、Instagram)のフォロワーが2,000人以上いる方はお食事1品がサービスされます(太っ腹!)私もTwitterのフォロワー数が越えていたので特典を利用してみました。

フォロワーが2,000人に達していない場合でも、「#okinawaprison」のハッシュタグを付けて画像を投稿するとお会計から10%OFFになるので活用して置きましょう!

私はフォロワー割引を利用してステーキ300g、フォロワーさんはインスタ映えしそうなハンバーガーにオプションでベーコンを追加しました。

注文したあとに店員さんが1枚の紙をテーブルに置き、

店員さん

料理が出来上がったら【囚人番号4番】でお呼びしますね~

とお知らせしてくれました。「普通そこまでやるか…!」と突っ込んだら負けです。

料理を作っている間に撮影タイム

調理中の間に写真撮影タイム。店員さんが着ている制服(囚人服)を借りることが出来るらしい。普段はこういったものを積極的にやらないタイプですが、この時は舞い上がっていたので速攻着替えてきました。

Tシャツとズボンはオレンジ一色にOKINAWA PRISONのロゴが大きくプリントされています。伸縮性のある素材で着心地も良くて快適でした。

着替えた後に記念撮影。この鹿、いつも以上に笑顔である。

一人だと寂しいので一緒にパシャリ。素材だけでも面白いのでクソコラが捗ります。

アイキャッチでも使用した階段を使ったアクションシーン。店員さんに撮ってもらいましたが、ノリが良くていろんな撮影を手伝ってもらいました。

見た目はもちろん味も絶品でした

色々撮影してはしゃいだ後はお待ちかねの食事タイム。

まずは軽めのおつまみとして囚人のおつまみコンボ(税込421円)から。
居酒屋のメニューでよくある揚げパスタと春巻きチーズがつまみにちょうどよく軽めの食感で手が止まりません。

次に完成したのはブラックハンバーガー(税込1,274円)のベーコントッピング(税込108円)
トマトケチャップとマスタードをお好みでかけていただきます。

チーズやレタス、トマトなどを贅沢にトッピングしています。付け合わせにポテトも少し入っています。

3枚重ねのビーフパティのボリュームがもの凄く、大人の男性でもお腹いっぱいになるほどボリューム満点の一品。大口を開けて食べないといけないので女性の方はフォークやナイフを使って頂きましょう。

少し間を置いて自慢の監獄ガーリックステーキ(税込1,490円)も完成。
これが無料で頂けるなんてマジでいいの…!

ニンニクの効いたスパイシーなお肉は濃厚な旨味を凝縮した最高のクオリティでした。見た目はもちろん、味も文句なしに美味い。ご飯が無限に減っていくわこれ。

300gは大きめの肉が8枚も入っていて大満足でした。レア気味に焼かれた断面を見るだけであのじゅわっとした肉汁が思い出せます。ああまた食べたい…。

刑務所っぽい女性専用ドミトリーとコンドミニアムがすごい

刑務所をイメージした女性専用ドミトリーでは、有刺鉄線の付いた扉や2段ベットなど、見ているだけでワクワクする外装で沖縄旅行の良い思い出づくりになること間違いなし!

女性専用のため私は宿泊できないですが、6階にあるコンドミニアムであれば男女どちらでも宿泊可能です。

1部屋につき1泊36,000円から宿泊できるので、6人で泊まれば1人につき6,000円で宿泊できます。ここは広々としたVIPルームのためゆったりと寛ぐことができます。

友達やカップルとみんなで行ったら絶対楽しい!

終始興奮状態で楽しんだOKINAWA PRISONのご紹介でした。
友達やカップルとワイワイ楽しみながら食事が楽しめて、さらに宿泊まで出来ちゃうレストランはめちゃくちゃ楽しかった。人も殆ど来ていなかったので、結構長いこと居座って写真を撮ったり店員さんと話をして盛り上がってました。

見た目のインパクトだけではなく味もボリュームも大満足でした。現在は認知度アップのためにフォロワー特典が使えるので、ネットでの影響力の高いインフルエンサーの方は是非口コミを投稿してあげてください。

ちょっと変わったお店が好きな方は是非足を運んでみてください。

店舗情報

Okinawa Prison
フォトジェニックな空間 モーニングやってます!
ホットペッパーで予約する
住所沖縄県那覇市牧志2-7-24 セゾン宝ビル5F
最寄り駅牧志
営業時間月: 08:00~23:00火~日、祝日、祝前日: 08:00~23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
定休日なし
総席数26
鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する