Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

スマホの物撮りに最適な簡易撮影ボックスを1,220円で買いました。AG Logistics LED照明内蔵折りたたみ撮影ボックス レビュー

ブログでガジェットレビューをしていると気になるのが背景の映り込み。普段写真を撮影するときはスマホから行っていますが、少しでも綺麗に見せたいと思ったら簡易撮影ブースは必要だと思います。

でもあまりお金をかけたくないので安い物を探していたら、1,220円でLED付きの商品が売っていたので購入。暫く使ってみての感想をまとめました。

スポンサードリンク

お手軽に綺麗な物撮り写真が撮れる簡易撮影ボックス

台紙が敷かれた箱の中で商品を撮影すると、背景に邪魔なものが映らず綺麗に撮影できるという簡易撮影ブース。以前は100均で購入した布切れを敷いて撮影していましたが、写真が暗くなったり、蛍光灯の反射が前から気になっていたのでこちらを購入。

簡易撮影ボックスはいくつかサイズがありましたが、使わないときに邪魔にならないサイズを選びました。

折りたたまれた状態でコレでもか!とギチギチに詰まった撮影ボックス。取り出すのも収納するのも一苦労です。

押し込まれすぎてmicroUSBケーブルの跡が残っていました。

付属品は撮影ボックス本体、背景用のウレタン2枚と給電用microUSBケーブル、説明書。

説明書は中華仕様で日本語記載はなし。組み立ても簡単なので説明書も不要です。

袋から取り出して組み立てる
側面のマグネットをくっつけるだけで完成
側面のマグネットは意外と強力

組み立ては側面のマグネットをくっつけるだけ。10秒もしないで組み立て完了というお手軽さが魅力的。

箱の上部にはmicroUSB給電式のLEDライトを内蔵。モバイルバッテリーなどでも駆動できます。

ライトを点灯させるとこんな感じ。見た目以上に強力で箱の中が明るくなります。

実際に物撮りしてみる。

早速物撮りを試してみましょう。以前レビューしたSpigenのケース「リキッド・クリスタル」を撮影してみます。

撮影ブース内部はスマートフォン一台が入るくらいのサイズで小さいです。フィギュアや小さめのグッズ類くらいしか撮影できません。

白背景で撮影
黒背景で撮影

背景用のウレタンが白黒2枚付属しているので、撮影する商品に応じて背景を変えられます。

撮影した写真をPhotoshopで加工すると、何となくそれっぽい写真が完成しました。

フローリングや布団の上などで撮ると生活感が出てしまいますが、これなら無駄な物が写り込まなくて綺麗に見えます。

背景が真っ白だと被写体にフォーカスが当たりやすくなって、細部まで見やすい写真になりました。後でパス抜きするときも楽ちんです。撮影写真は以前レビューしたZenFone 3 Ultra。大きな端末だと撮影が難しくなります。

ウレタン素材なのでホコリやゴミが付きやすい

この簡易撮影ボックスのデメリットは、背景のウレタン素材にゴミやホコリが付きやすいこと。撮影するたびにコロコロで掃除していますが、それでも付いていた場合はPhotoshopなりでゴミ取り作業をしています。

あと想像していたよりも小さかったので、もう一回り大きくても良かった気がします。値段なりに妥協する点はありますが、小物撮影が中心であればこの商品で十分満足できる写真が撮れました。

値段なりの商品だが必要最低限の機能は揃っている

他の撮影ブースと比べて背景が布や紙ではないので折れ曲がりやシワに強く、多少雑に扱っても大丈夫なのが使いやすくて気に入っています。この値段でもライトが付いているので別途購入する必要もありません。

平均3,000円近くする簡易撮影ブースが3分の1程度で購入できるので、あまりお金をかけたくない方にオススメ。フリマアプリ、ヤフオクなどで商品を出品する方や、商品紹介を行うブロガーの方などは1つ持っておくと何かと便利です。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する