Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【石垣島】ゲストハウス​こねくとに宿泊。当日予約でも1,500円の古民家改装ドミトリーの居心地は?

石垣島旅行の最後の宿は当日予約で1,500円(石垣島最安値?)の格安ドミトリー「ゲストハウス​こねくと」に宿泊しました。築40年以上の古民家を改装して夫婦で運営しているドミトリーはどんな雰囲気なのか写真を色々撮ってきたのでご紹介します。

離島ターミナル、バスターミナルへ徒歩10分とアクセスも良く、駐車場も完備しているのでレンタカーやバイクの方でも利用しやすいゲストハウスです。

スポンサードリンク

あぐらをかいて寛げるコミュニケーションスペース

外装や内装はお世辞にも綺麗とは言い難いですが、最低限中は清掃されていたので寝るだけなら十分です。ラウンジ…というより休憩スペースは広かったです。何だか親戚の家に来たようなアットホームな雰囲気があります。

なぜかシュノーケリンググッズも完備していました。自由に使っていいとのことでした。

FREE Wi-Fiに接続すると予想以上に爆速で笑いました。混雑しそうな夜間でも動画視聴など快適に行えました。

キッチンスペースで調理・食料品の保管が可能

キッチンスペースはガスコンロや調味料など一通り揃っていました。冷蔵庫は短期宿泊者と長期宿泊者で分かれています。ルールなどが細かく書かれているので利用する前に一度目を通しておきましょう。どれも当たり前の内容ですけどね。

寝室は手作り感満載のベット

ベットは1部屋に2段ベットが3つあるドミトリー形式。天井ギリギリまでベットが設置されているので高さはそれなりにあります。

手作り感があるのと、結構ホコリとか溜まっている箇所があったので最低限の清潔感がないと無理な人はやめといたほうが良いでしょう。

私が宿泊したときは上段が誰もいなかったので良かったものの、満室のときは寝返りを打つのもためらうくらい揺れます。

大きめの棚だったり、南京錠付きのセキュリティボックスなどがある配慮はありがたい。

枕元には電球のスイッチとコンセントが2つあります。

ベットの四隅にはトコジラミが発生したとき用のトラップらしい。滞在中は虫やゴキブリなどを見かけなかったものの、真夏の暑いシーズンだと発生しそうな雰囲気あります。

お風呂場は混雑するので早めに行こう

お風呂場はものすごく実家のタイプと似ていて妙な既視感を覚えました。お湯の出方や水圧は特に問題なし。

シャンプーやボディーソープも長期宿泊者と短期宿泊者で利用できるものが異なるようです。ここについても賛否ありそうな気がします。別にどっち使っても良くない?って思いました。

お手洗いや水回りの様子

お手洗いも駅や公衆トイレとかのレベルで特に支障はないものの、これまで利用してきたゲストハウスの中では清潔感がないのが不満でした。古民家を改装してゲストハウスにしているらしいので、設備の経年劣化が気になります。

まとめ

こんな感じで簡単にゲストハウスこねくとの紹介をしてみました。写真で見ても分かるように初日に宿泊した「石垣ゲストハウスハイブ」とは違い実家やおばあちゃん地に来たような民泊の雰囲気が出たゲストハウスでした。

オーナーさんや滞在者の方もすれ違うときに挨拶をしてくれたり、ちょっとした気遣いが嬉しく過ごしやすい場所だなと感じました。古いなりに清掃とかは結構頑張っているようなので、もう少しリノベーションしてあげると人気が出そう。

場所についても市街地から少し歩く住宅街の場所にあるので静かに眠れました。今回は台風の影響で急遽予約したゲストハウスでしたが、個人的にはリピートは無いかもしれません。どうしても当日予約が必要ならまた検討してみます。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する