Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【2020年6月時点】GoodTwitter2を使ってTwitterの新デザインを元に戻す方法

Twitter公式がIE11のサポートを終了したタイミングで、Twitterのデザインを元に戻す「GoodTwitter」が使えなくなりました。

その代わりとして登場した「GoodTwitter2」は、Chrome拡張機能の「Tampermonkey」を使ってユーザースクリプトを実行し、強引に旧デザインに戻す方法です。

スポンサーリンク

GoodTwitter2の使い方

まずはChrome拡張機能の「Tampermonkey」をダウンロード、インストールしてください。Firefoxの方はこちらからどうぞ。

「Chromeに追加」ボタンを押します。

「拡張機能を追加」ボタンを押すと、「Tampermonkey」がChromeに追加されました。と表示されます。

GoodTwitter2」にアクセスし、ページ中央付近にある「this link」を押します。

ユーザースクリプトのインストール画面に移動するので「インストール」のボタンを押します。コレで準備は完了です!

一部レイアウト崩れが発生する

Twitterのページを開くと…タイムラインの部分だけ白背景になりおかしいですね。一部レイアウトが崩れているのはバグらしいので、直るまで気長に待ちましょう。

右上のアイコンを押して「設定とプライバシー」を押します。

一般の「表示」から「背景画像」をどれでもいいので変更します。これで設定が反映されました。

ホームに戻るときちんと色設定が反映されています。

Firefoxの場合、about:configから設定変更が必要

Firefoxの場合、少しブラウザの設定変更が必要になります。

まずはアドレスバーに「about:config」と入力します。
上のような画面になりますが、気にせず「危険性を承知の上で使用する」ボタンを押します。

出てきた画面に「security.csp.enable」と打ち込んで、出てきた「security.csp.enable」の部分が「false」になっているか確認してください。「true」になっているときは、右にあるボタンを押して「false」に変更します。

これでTwitterのページを開いたら旧デザインに変わっていると思います。

タイムラインの画像表示が崩れる不具合を解消する

タイムラインの画像表示が崩れる場合、「設定とプライバシー」→「GoodTwitter」の設定から「Bigger Image Previews」のチェックを外すと解決できるようです。

新デザインに戻す方法

試してみたけどやっぱり戻したい!という方は「Tampermonkey」をアンインストールすればOKです。アドレスバー横にある「Tampermonkey」のアイコンを押して「Chromeから削除」を押します。

確認ダイアログが表示されるので「削除」ボタンを押します。これで元通りになります。

まとめ

現時点ではUIのバグが多いのであまりオススメしません。
「どうしても旧デザインじゃないと使いづらいんだ!」と思っている方は、試してみる価値はありそうです。個人的には不具合あるならもう新デザインでいいかな…と感じました。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する