Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

「y.u mobile(ワイユーモバイル)」レビュー。1ヶ月使って分かったメリットとデメリット

ドコモ回線を使った格安SIM「y.u mobile(ワイユーモバイル)」を使い始めて約1ヶ月が経過しました。

これまでにも様々な会社の格安SIMを試してきましたが、y.u mobileはシンプルな料金プランとギガ永久繰越のシステムが魅力的でした。混雑時でも通信速度が安定していてオススメの会社です。

本記事では、y.u mobileを1ヶ月使った感想や、メリットとデメリットについて解説しています。

スポンサーリンク

y.u mobileとは

y.u mobileは、YU-mobile株式会社が2020年3月より提供している格安SIM。

この会社は、ヤマダ電機とU-NEXTが合併して生まれた会社で、ヤマダニューモバイルやU-mobileとも違う形でスタートしました。

ドコモ回線を利用しているので、他社と比べて山間部や地方でも広いエリアで繋がるのが特徴。ドコモのスマートフォンや、ドコモ回線に対応したSIMフリー端末で利用可能です。

y.u mobileの料金プラン・特徴

y.u mobileの料金プランをざっくりとまとめるとこんな感じ。

  • 料金プランは2つのみ
  • 通信量が多い月はデータチャージで対応
  • 有効期限なしで繰り越せる「永久不滅ギガ」

料金プランは2つのみ

y.u mobileの料金プランは、1人向けの「シングルプラン(5GB)」と、家族向けの「シェアプラン(20GB)」の2つのみ。

音声通話SIM・SMS付きデータSIM・データ通信専用のSIMから選べます。

y.u mobileの基本料金
基本料金 音声通話SIM データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
シングルプラン
(5GB)
1,639円 1,122円 990円
シェアプラン
(20GB)
3,278円 (3回線目以降)
1,100円
(3回線目以降)
462円
(3回線目以降)
330円

  • ※価格は全て税込表示

家族向けの「シェアプラン(20GB)」では、月間20GBのデータ容量を最大4人で分け合えます。音声通話SIM2枚目の料金(1,100円)は請求時に値引きされるため、音声通話SIMを2回線までは基本料金のみで利用できます。

3回線目以降はSIMのタイプに応じた料金が発生します。4人で音声通話SIMを契約すると、1人あたり5GB/1,645円で利用できる計算です。

さらに、毎月1,200ポイントが付いてくるので、これをデータチャージに充てると実質24GBのプランとして利用できる裏ワザも使えます。

通信量が多い月はデータチャージで対応

通信量が増えてしまった月は、データ容量を1GB/330円・10GB/1,650円で追加チャージができます。他社のようにデータ容量別にプランで分けるのではなく、足りない分だけ毎月チャージする使い方のようです。

データチャージ
1GB 10GB
330円 1,650円

  • ※価格は全て税込表示

1回ずつ手動でチャージするほか、残りのデータ通信量が500MB以下になったら、1GB/330円のデータを自動的に購入することも可能です。

ひと月ごとのオートチャージ上限も1GB~9GBまで設定できるので、使いすぎて料金が高くなってしまう心配もありません。

有効期限なしで繰り越せる「永久不滅ギガ」

データ残量は最大100ギガまで永久不滅。有効期限なしで貯めておくことができます。

チャージしたギガだけでなく、毎月付与されるデータ残量も有効制限がありません。あまり使わなかった月でも、余分にチャージしても無駄にすることなく使い切れます。

通話オプションは他社より高め

通話オプション
ベーシック 10分かけ放題 無制限かけ放題
月額0円
通話料:11円/30秒
月額858円
10分を超える通話は11円/30秒
月額2,970円
1回の通話は最大2時間まで

  • ※価格は全て税込表示

y.u mobileの通話オプションは、他社と比べると高めの値段設定になっています。通話をたくさんする人は、LINEアプリを使用したり、楽天モバイルのRakuten Linkなど無料の通話アプリを利用するのも手です。

「修理費用保険」が無料で使える

他社だと有料で提供している「修理費用保険」が年2回まで無料で使えるのも嬉しいポイント。スマートフォンを落として画面を割ったり、水没したとしても年間3万円(非課税)まで修理費用を保障してくれます。

対象となる端末は下記の通り。

■修理費用保険の対象
  • 音声通話SIMの利用開始時点で、発売から5年以内の機種
  • 1年以内に購入したことが証明できる端末

修理費用保険は、上記2点のいずれかが証明できれば新品・中古問わず適用可能です。

スマホのほか、タブレット端末、フィーチャーフォン(ガラホ)、モバイルルーターも修理費用保険の対象となります。


引用元:iPhone の画面の修理・交換 – Apple サポート 公式サイト

例えば、Apple公式の修理サービスを使ってiPhoneの画面割れを修理すると、保障なしの場合で約3万円前後掛かります。

y.u mobileの修理費用保険を使えば、年1回までなら画面を割っても高額な修理費用を払わずに修理が可能です。

修理対象・対象外のサービスについては、公式サイトのサービス仕様をご確認下さい。

U-NEXT利用で40%ポイント還元

y.u mobileユーザーがU-NEXTの観放題対象外の作品をレンタルすると、購入金額の40%のポイント還元が受けられます。

もらったポイントはU-NEXTの映画を観たり、y.u mobileのデータチャージにも使えます。

シェアプランなら 「U-NEXT」 が無料で利用可能

シェアプランなら 「U-NEXT」 が無料で利用可能です。通常だと月額2,189円するサービスなので、基本料金だけで使えるのはお得だと思います。

U-NEXTに加入すると、映画・ドラマ・アニメなど20万本以上が見放題になります。
最大4人までのアカウントを作ることができるため、各自で好きな時間に好きなコンテンツを楽しむことができます。

y.u mobileの通信速度

通信速度は利用する端末や地域、時間帯によっても変化するため、一例として紹介します。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法 Speedtest.netで速度を3回測定。平均値を値とする。
5GMarkで完全テスト(Full Test)を1度行い、動画やウェブサイト閲覧の制限を確認する。
測定端末・SIM
  • AQUOS sense 3(y.u mobile)

測定結果がこちら。あくまでも私の利用環境における話となりますが、ドコモ回線を使ったMVNO回線としては非常に優秀です。YouTubeの動画視聴やテザリングを使ったPCとの接続も快適に行えました。

y.u mobileの計測結果
ping 下り 上り 5GMark
朝:1回目 90ms 72.0Mbps 12.7Mbps
朝:2回目 98ms 66.3Mbps 6.66Mbps
朝:3回目 89ms 83.1Mbps 5.67Mbps
朝:平均値 92ms 73.8Mbps 8.34Mbps 42,542
昼:1回目 97ms 8.93Mbps 8.57Mbps
昼:2回目 96ms 10.5Mbps 4.92Mbps
昼:3回目 98ms 20.5Mbps 7.63Mbps
昼:平均値 97ms 13.31Mbps 7.04Mbps 10,807
夜:1回目 91ms 72.7Mbps 15.1Mbps
夜:2回目 97ms 80.4Mbps 16.7Mbps
夜:3回目 90ms 75.0Mbps 13.2Mbps
夜:平均値 93ms 76.0Mbps 15.0Mbps 40,235
1日:平均値 94ms 54.37Mbps 10.13Mbps 31,195

Creator Clipでは月イチで格安SIMの速度比較を行っていますが、ドコモ回線を使用した格安SIMの中ではトップクラスの速さを誇ります。

y.u mobileのメリットとデメリット

y.u mobileを1ヶ月使って感じた「メリット」と「デメリット」をまとめると下記の通り。

■メリット
  • 選びやすい料金プラン
  • データチャージが安い+永久不滅ギガ
  • 混雑時でも通信速度が速い
  • 修理費用保険が無料で使える
  • シェアプランなら 「U-NEXT」 が無料で利用可能
■デメリット
  • 大容量プランがない
  • 端末セットで購入できない
  • 低速切り替え機能がない
  • 通話のオプションが少し高め

y.u mobileのメリット

y.u mobileを使うメリットは、無駄なオプションや解約金がないシンプルな料金プランであること、必要に応じてデータを格安料金でチャージできること、余ったデータ容量は100ギガまで永久不滅で繰り越せることです。

データ容量のチャージ料金が安く、余ったデータ容量も100ギガまで無期限に繰り越せるので、あまり使わなかった月もたくさん使ったときも無駄なく使えます。

y.u mobileは混雑時でも通信速度が速いことも強みです。

格安SIMだと混雑時に弱いと言われていますが、y.u mobileはサービス開始してから1年以上速い速度をキープし続けています。

無料で端末修理保証が使えたり、シェアプランなら 「U-NEXT」 の特典が付いてくるのもy.u mobile独自のサービスです。

データ残量や契約内容の変更が行えるマイページも、メニュー項目がシンプルで分かりやすいのも好印象でした。今のところ専用アプリがないので、頻繁にデータチャージをする方は面倒に感じるかもしれません。

y.u mobileのデメリット

y.u mobileは端末をセットで購入することができません。

乗り換えに合わせて端末を購入する場合、家電量販店や通販などで別途用意する必要があります。端末の相性問題もあるので初心者にはハードルが高く感じるかもしれません。

購入する前に、公式サイトの動作確認済端末をチェックしておきましょう。

また、通話オプションが他社より高めに設定されていたり、大容量プランがないので何度もデータチャージを行うと料金が高くつくこともあるため注意が必要です。

まとめ:どんな人にオススメ?

y.u mobileの特徴から、どんな人におすすめかまとめるとこんな感じ。

  • データ使用量が毎月バラバラ
  • データ容量が5GB以内で収まる
  • 混雑時でも通信速度が速いほうがいい
  • 家族でデータ容量をシェアして使いたい
  • 普段からU-NEXTを利用している・これから利用したい

y.u mobileなら、格安SIMにありがちな「混雑時に通信速度が遅い」問題もないことや、データチャージと永久不滅ギガで柔軟にデータ残量をやりくりできます。

最近はahamoやpovo、LINEMOなど大手キャリアのオンライン専用ブランドに注目が集まっていますが、普段20GBもデータを使わない人であればy.u mobileのほうが安くなります。

y.u mobileは難しい料金プランや条件がなく、携帯料金を簡単に安くしたい人におすすめです。U-NEXTの見放題や端末保証が無料でついてくるので、総合的に安くなると思います。

現在は音声通話SIMの申し込みで10,000円キャッシュバックも実施していてお得です!この機会にぜひ検討してみて下さい。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する