Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

格安SIM(MVNO)19社の通信速度比較 2021年4月版 オンライン専用ブランドとy.u mobileの速さがスゴイ!

格安SIMではMNOと比べて料金が安くなる反面、デメリットとして挙げられるのが格安SIMは混雑時の通信速度が遅いという話。

毎日のように値下げが繰り広げられるMVNO市場ですが、格安SIMの事業者を選ぶ上で最も重要なのは通信速度だと思っています。せっかく大量に契約しているSIMカードを有効活用するために通信速度の測定を定期的に行っています。

2021年4月からは、比較対象として大手キャリアのオンライン専用ブランドも交えて計測しています。

スポンサーリンク

測定環境・条件

格安SIMでは測定する条件によって大きく速度が異なってきます。

測定端末や測定時間が完全に同一ではなく、あくまでも私が測定した環境での結果なので参考程度に見てください。

あえて混雑しやすい時間帯を選んで測定しているので「混雑時にどれだけ通信速度を保てているか」を見てもらえるとMVNOの信頼度や通信速度の安定感がより分かってくると思います。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法 Speedtest.netで速度を3回測定。平均値を値とする。
5GMarkで完全テスト(Full Test)を1度行い、動画やウェブサイト閲覧の制限を確認する。
測定端末・SIM
  • OPPO Reno A(povo)
  • HUAWEI P20 lite(UQ mobile)
  • Galaxy Note10+(LINEMO)
  • Google Pixel5(楽天モバイル)
  • HUAWEI P30 Pro(ワイモバイル)
  • HUAWEI P20 Pro(IIJmio Dプラン)
  • Galaxy S8(IIJmio Aプラン)
  • Xperia X Compact(mineo Dプラン)
  • Google Pixel 3(mineo Aプラン)
  • AQUOS zero 2(mineo Sプラン)
  • HUAWEI P9(nuroモバイル Dプラン)
  • ZTE AXON 7(nuroモバイル SBプラン)
  • HUAWEI nova lite 2(b-mobile S 190PadSIM)
  • AQUOS sense 3(y.u mobile)
  • isai Beat LGV34(OCNモバイルONE)
  • ZTE AXON M(Linksmate)
  • HUAWEI Mate 9(エキサイトモバイル)
  • HUAWEI P10 lite(BIGLOBE Dプラン)
  • AQUOS sense 2(BIGLOBE Aプラン)

格安SIMは混雑時に速度が落ちやすくなりますが、大手キャリアは自社の通信設備を使ってサービス展開をしているので速度が落ちにくいのが特徴です。

どれだけ速度に違いがあるか注目しつつ、結果をチェックしてみて下さい。

より正確な速度を出すために「5GMark」を使用

2019年9月からSpeedtest.netから5GMarkというアプリに切り替えてみました。

このアプリは通常のスピードテストに加えて、YouTube動画の再生やウェブサイトの読み込み速度を数値化してくれる素晴らしいアプリです。

以前から楽天モバイルなどで起こっている「スピードテストは速いのに体感速度は遅い」という問題もチェックできると思います。

完全テスト(Full Test)は通信量が多く、複数回測定すると直近3日間制限に引っかかるSIMがあるため時間帯ごとに1発勝負にしています。

2017年11月から通常の速度測定はSpeedtest.netで行うようにします。クイックテストの精度があまり良くなかったり、測定に掛かる通信量が多く見られるため変更しています。

前回からの変更点

LINEモバイルを解約。新たにpovo、LINEMO、y.u mobileを契約しました。端末とSIMの組み合わせを変更しています。

前回の測定結果はこちら。

朝8時~9時での測定結果

朝の通勤時間帯に測定。最近はリモートワークが進んでいるためか、極端に遅い会社がないのが嬉しいです。

au回線がトップ3を占めており、mineo Dプランとソフトバンク回線が後を追っています。ドコモ回線の中ではmineo Dプランとy.u mobileがリードしています。

アップロード速度は僅差でソフトバンク回線が強く、ほぼ互角といった状態です。クラウドストレージへファイルをアップしたり、SNSに写真や動画をアップするのも問題なくスムーズに行えました。

下り速度 8時~9時台
UQ mobile
179.76Mbps
mineo Aプラン
157.28Mbps
povo
151.02Mbps
mineo Dプラン
109.09Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
94.75Mbps
LINEMO
89.03Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
86.24Mbps
y.u mobile
70.46Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
69.91Mbps
IIJmio Dプラン
66.39Mbps
IIJmio Aプラン
60.69Mbps
mineo Sプラン
60.44Mbps
エキサイトモバイル
59.91Mbps
ワイモバイル
53.84Mbps
OCNモバイルONE
52.13Mbps
nuroモバイル Dプラン
30.88Mbps
nuroモバイル SBプラン
25.28Mbps
LinksMate
24.63Mbps
楽天モバイル
20.92Mbps

上り速度 8時~9時台
b-mobile S 190iPadSIM
26.8Mbps
LINEMO
22.94Mbps
mineo Sプラン
22.51Mbps
IIJmio Dプラン
22.09Mbps
povo
22.01Mbps
y.u mobile
21.85Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
21.79Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
19.71Mbps
エキサイトモバイル
19.37Mbps
nuroモバイル Dプラン
17.52Mbps
LinksMate
17.25Mbps
nuroモバイル SBプラン
15.74Mbps
ワイモバイル
14.28Mbps
OCNモバイルONE
13.85Mbps
楽天モバイル
12.16Mbps
mineo Dプラン
11.99Mbps
mineo Aプラン
8.45Mbps
UQ mobile
8.26Mbps
IIJmio Aプラン
7.42Mbps

5GMark結果 8時~9時台
UQ mobile
65,874
LINEMO
55,381
BIGLOBEモバイル Aプラン
48,167
BIGLOBEモバイル Dプラン
46,617
povo
44,234
IIJmio Aプラン
38,697
mineo Dプラン
37,748
mineo Sプラン
32,336
b-mobile S 190iPadSIM
31,762
エキサイトモバイル
30,206
y.u mobile
27,564
ワイモバイル
26,269
IIJmio Dプラン
25,581
nuroモバイル Dプラン
17,350
OCNモバイルONE
15,318
nuroモバイル SBプラン
14,008
mineo Aプラン
12,222
楽天モバイル
10,160
LinksMate
8,405

昼12時~13時の測定結果

お昼のランチタイムはスマホを触る人が多く、格安SIMの通信速度が遅くなる傾向があります。朝と比べて速度がガクッと落ちている会社もあれば、時間帯問わず速い会社と大きく分かれる結果となりました。

特に速いのはUQ mobileで、2位のb-mobileの2倍近く差をつけています。ドコモ回線の中ではy.u mobileが速く、LINEMO、povo、ワイモバイルと大手キャリアのプランがやはり速い傾向であることは間違いありません。

お昼の時間帯で1~2Mbpsまで下がると、体感で分かるほど遅さが気になってきます。

下り速度 12時~13時台
UQ mobile
155.13Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
78.69Mbps
y.u mobile
63.7Mbps
LINEMO
58.35Mbps
povo
56.05Mbps
ワイモバイル
51.1Mbps
OCNモバイルONE
24.63Mbps
LinksMate
23.37Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
3.6Mbps
楽天モバイル
3.3Mbps
nuroモバイル SBプラン
2.75Mbps
IIJmio Aプラン
2.17Mbps
エキサイトモバイル
2.03Mbps
mineo Dプラン
1.96Mbps
mineo Aプラン
1.6Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
1.42Mbps
mineo Sプラン
1.08Mbps
nuroモバイル Dプラン
0.98Mbps
IIJmio Dプラン
0.96Mbps

上り速度 12時~13時台
mineo Sプラン
26.52Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
23.35Mbps
LINEMO
22.04Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
21.53Mbps
y.u mobile
15.2Mbps
エキサイトモバイル
13.18Mbps
nuroモバイル Dプラン
12.21Mbps
mineo Dプラン
11.41Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
9.59Mbps
ワイモバイル
9.58Mbps
IIJmio Dプラン
9.33Mbps
povo
9.3Mbps
OCNモバイルONE
8.2Mbps
nuroモバイル SBプラン
8.17Mbps
LinksMate
8.16Mbps
UQ mobile
7.87Mbps
mineo Aプラン
5.54Mbps
IIJmio Aプラン
2.62Mbps
楽天モバイル
0.93Mbps

5GMark結果 12時~13時台
ワイモバイル
67,430
LINEMO
51,054
b-mobile S 190iPadSIM
40,781
y.u mobile
31,168
UQ mobile
30,539
povo
23,274
OCNモバイルONE
13,634
LinksMate
12,761
nuroモバイル Dプラン
9,118
nuroモバイル SBプラン
7,198
mineo Dプラン
6,301
IIJmio Dプラン
5,525
IIJmio Aプラン
5,471
エキサイトモバイル
5,358
楽天モバイル
3,431
BIGLOBEモバイル Aプラン
3,162
BIGLOBEモバイル Dプラン
2,727
mineo Sプラン
2,487
mineo Aプラン
1,692

夜19時~20時の測定結果

夜の退勤時に測定。順位はそれほど大きく変わらず、BIGLOBEモバイルが上位に食い込みました。下り50Mbps以上は体感だとどれも同じくらい快適です。

ほとんどの会社が下り20~30Mbps前後出ているので、極端に遅いと感じることも少なくなりました。YouTubeでの動画視聴などもフルHD画質で再生できているので、多くの人がほとんど困らないと思います。

下り速度 19時~20時台
UQ mobile
170.41Mbps
LINEMO
85.13Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
70.4Mbps
povo
70.26Mbps
mineo Dプラン
65.91Mbps
y.u mobile
64.38Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
60.37Mbps
IIJmio Aプラン
60.19Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
56.21Mbps
ワイモバイル
55.07Mbps
mineo Aプラン
45.25Mbps
IIJmio Dプラン
36.9Mbps
nuroモバイル Dプラン
27.71Mbps
LinksMate
23.66Mbps
nuroモバイル SBプラン
20.72Mbps
OCNモバイルONE
12.41Mbps
エキサイトモバイル
7.73Mbps
mineo Sプラン
3.87Mbps
楽天モバイル
2.18Mbps

上り速度 19時~20時台
LINEMO
26.24Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
22.01Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
21.8Mbps
エキサイトモバイル
21.48Mbps
y.u mobile
20.81Mbps
IIJmio Dプラン
19.61Mbps
mineo Sプラン
19.22Mbps
ワイモバイル
15.62Mbps
nuroモバイル Dプラン
13.7Mbps
povo
13.31Mbps
楽天モバイル
12.64Mbps
OCNモバイルONE
10.98Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
10.53Mbps
mineo Dプラン
9.81Mbps
LinksMate
8.94Mbps
mineo Aプラン
7.48Mbps
UQ mobile
6.98Mbps
IIJmio Aプラン
4.16Mbps
nuroモバイル SBプラン
2.87Mbps

5GMark結果 19時~20時台
UQ mobile
69,271
y.u mobile
39,859
BIGLOBEモバイル Aプラン
32,965
BIGLOBEモバイル Dプラン
31,490
LINEMO
27,868
povo
26,723
b-mobile S 190iPadSIM
25,038
OCNモバイルONE
21,812
nuroモバイル Dプラン
16,377
nuroモバイル SBプラン
15,793
エキサイトモバイル
12,566
ワイモバイル
9,878
LinksMate
8,755
楽天モバイル
8,231
IIJmio Dプラン
4,890
IIJmio Aプラン
2,959
mineo Dプラン
2,493
mineo Sプラン
2,085
mineo Aプラン
1,329

1日の統計速度

1日の統計速度がこちら。ほぼ昼の結果次第な感じはありますが、概ね体感速度に近い順位になっています。

下り速度 総合
UQ mobile
168.43Mbps
povo
92.44Mbps
LINEMO
77.5Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
73.71Mbps
mineo Aプラン
68.04Mbps
y.u mobile
66.18Mbps
mineo Dプラン
58.99Mbps
ワイモバイル
53.33Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
52.91Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
47.24Mbps
IIJmio Aプラン
41.02Mbps
IIJmio Dプラン
34.75Mbps
OCNモバイルONE
29.72Mbps
LinksMate
23.89Mbps
エキサイトモバイル
23.23Mbps
mineo Sプラン
21.8Mbps
nuroモバイル Dプラン
19.86Mbps
nuroモバイル SBプラン
16.25Mbps
楽天モバイル
8.8Mbps

上り速度 総合
b-mobile S 190iPadSIM
23.99Mbps
LINEMO
23.74Mbps
mineo Sプラン
22.75Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
21.08Mbps
y.u mobile
19.28Mbps
エキサイトモバイル
18.01Mbps
IIJmio Dプラン
17.01Mbps
povo
14.87Mbps
nuroモバイル Dプラン
14.48Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
13.97Mbps
ワイモバイル
13.16Mbps
LinksMate
11.45Mbps
mineo Dプラン
11.07Mbps
OCNモバイルONE
11.01Mbps
nuroモバイル SBプラン
8.92Mbps
楽天モバイル
8.58Mbps
UQ mobile
7.7Mbps
mineo Aプラン
7.16Mbps
IIJmio Aプラン
4.73Mbps

5Gmark結果 総合
UQ mobile
55,228
LINEMO
44,768
ワイモバイル
34,526
y.u mobile
32,864
b-mobile S 190iPadSIM
32,527
povo
31,410
BIGLOBEモバイル Aプラン
28,098
BIGLOBEモバイル Dプラン
26,945
OCNモバイルONE
16,921
エキサイトモバイル
16,043
IIJmio Aプラン
15,709
mineo Dプラン
15,514
nuroモバイル Dプラン
14,282
nuroモバイル SBプラン
12,333
mineo Sプラン
12,303
IIJmio Dプラン
11,999
LinksMate
9,974
楽天モバイル
7,274
mineo Aプラン
5,081

測定結果を踏まえた感想と今月のオススメSIM

測定結果の前に以前書いた格安SIMの選び方も合わせてご覧ください。

様々な格安SIMの通信速度を比較してみた結果、UQ mobile、ワイモバイルなどのサブブランドが混雑時でも安定しています。

店舗や電話によるサポートが必要なく、大容量で安いプランがいい人はオンライン専用ブランドのpovoやLINEMOを選ぶといいと思います。

ドコモ回線であれば現時点ではy.u mobileやOCNモバイルONEがオススメです。

逆に言うと、それ以外の会社は速度の変動が見られるため、今おすすめしていても数ヶ月後にどうなっているかは分かりません。

povo

povo
ping 下り 上り
朝:朝1回目 58ms 162.24Mbps 22.23Mbps
朝:朝2回目 58ms 163.94Mbps 22.45Mbps
朝:朝3回目 47ms 126.87Mbps 21.34Mbps
昼:昼1回目 54ms 46.28Mbps 9.64Mbps
昼:昼2回目 59ms 70.08Mbps 9.42Mbps
昼:昼3回目 46ms 51.78Mbps 8.84Mbps
夜:夜1回目 57ms 54.62Mbps 11.96Mbps
夜:夜2回目 57ms 70.91Mbps 13.53Mbps
夜:夜3回目 58ms 85.24Mbps 14.43Mbps

auのオンライン専用ブランド「povo」は、月間20GBで2,728円と大容量かつ安いのが特徴です。必要なオプションを追加で”トッピング”していく形式のため、オプションが必要ない人はより安くなります。

1日税込220円でデータ使い放題になるオプションは、他社にはない大きなアドバンテージとなりそうです。動画視聴などを大量に行うと制限が掛かるようですが、使い方によっては便利に使えると思います。

気になる通信速度も大手キャリアと遜色なく、混雑時でもサクサク快適に利用できます。申し込みも3キャリアの中で1番分かりやすく、多くの人にオススメできる会社です。

LINEMO

LINEMO
ping 下り 上り
朝:朝1回目 51ms 90.09Mbps 21.57Mbps
朝:朝2回目 47ms 96.45Mbps 24.02Mbps
朝:朝3回目 47ms 80.55Mbps 23.23Mbps
昼:昼1回目 48ms 62.23Mbps 21.25Mbps
昼:昼2回目 58ms 63.69Mbps 17.6Mbps
昼:昼3回目 50ms 49.12Mbps 27.27Mbps
夜:夜1回目 47ms 79.04Mbps 25.21Mbps
夜:夜2回目 48ms 85.96Mbps 27.43Mbps
夜:夜3回目 50ms 90.39Mbps 26.08Mbps

LINEMOはソフトバンク回線のオンライン専用ブランド。こちらもpovoと同じく月間20GBで月額2,728円ですが、キャンペーンにより1年間は通話定額オプションが割引価格で利用できます。

LINEのデータ容量がゼロになる「LINEギガフリー」や、LINEのクリエイターズスタンプが追加料金なしで使い放題になる特典もあるので、使い方によってはpovoよりもお得です。

UQ mobile

UQ mobile
ping 下り 上り
朝:朝1回目 57ms 189.64Mbps 8.43Mbps
朝:朝2回目 55ms 173.73Mbps 8.16Mbps
朝:朝3回目 58ms 175.9Mbps 8.18Mbps
昼:昼1回目 57ms 150.93Mbps 7.75Mbps
昼:昼2回目 57ms 154.56Mbps 7.95Mbps
昼:昼3回目 58ms 159.89Mbps 7.9Mbps
夜:夜1回目 51ms 169.31Mbps 7.92Mbps
夜:夜2回目 58ms 168.59Mbps 6.22Mbps
夜:夜3回目 56ms 173.33Mbps 6.79Mbps

UQ mobileは通信速度が安定しています。混雑しやすいお昼の時間帯でも下り100Mbpsを超え、価格が安いのにau回線と遜色ない速度が出ています。

UQ mobileの回線とスマホを2週間試せる「Try UQ mobile」を使って、自分の環境で実際に使ってみてから本契約に進めるのは便利だと思います。

2021年2月からは、家族割や期間限定の割引のない「くりこしプラン」が登場しました。基本料金の値下げとデータ容量の増加を同時に行い、ますますコスパに優れた回線であることは間違いありません。自信を持っておすすめできる会社です。

楽天モバイル

楽天モバイル
ping 下り 上り
朝:朝1回目 83ms 25.62Mbps 12.96Mbps
朝:朝2回目 78ms 19.32Mbps 10.76Mbps
朝:朝3回目 79ms 17.83Mbps 12.77Mbps
昼:昼1回目 80ms 3.8Mbps 1.37Mbps
昼:昼2回目 87ms 2.74Mbps 0.85Mbps
昼:昼3回目 87ms 3.37Mbps 0.58Mbps
夜:夜1回目 95ms 0.94Mbps 4.51Mbps
夜:夜2回目 89ms 2.37Mbps 4.33Mbps
夜:夜3回目 25ms 3.23Mbps 29.08Mbps

楽天モバイルは、2021年1月に発表した「Rakuten UN-LIMIT VI」が話題を呼んでいます。1人1回線に限り1GB未満なら0円から使えて、3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GB超過後も3,278円と他社よりも低価格なのが魅力的。

楽天回線エリアなら月間データ容量無制限(1日10GBまで)で使えて、制限後も下り1Mbps~3Mbpsと必要十分な速度が出ています。

私の住んでいる沖縄ではまだまだエリアが狭く、基本的にはパートナーエリアの利用が中心です。無制限の恩恵をほぼ受けられていないのは残念ですが、これからエリアが広がっていくことを期待しています。

ワイモバイル

ワイモバイル
ping 下り 上り
朝:朝1回目 51ms 48.59Mbps 12.49Mbps
朝:朝2回目 50ms 59.32Mbps 14.53Mbps
朝:朝3回目 57ms 53.6Mbps 15.83Mbps
昼:昼1回目 53ms 50Mbps 9.8Mbps
昼:昼2回目 89ms 51.1Mbps 9.46Mbps
昼:昼3回目 69ms 52.2Mbps 9.47Mbps
夜:夜1回目 50ms 59.32Mbps 14.53Mbps
夜:夜2回目 57ms 53.6Mbps 15.83Mbps
夜:夜3回目 91ms 52.28Mbps 16.51Mbps

ワイモバイルもUQ mobileと同様に速度が安定しており、価格の安さとプラン内容のバランスが良くて気に入っています。月によって通信速度に多少ばらつきはありますが、他社よりもアップロード速度が速くて画像や動画のアップロードも素早く行えます。

ワイモバイルのPHSからiPhone SEに機種変更してから、時間無制限の通話定額(スーパーだれとでも定額)がオプション代無料になって音声通話もデータ通信量もストレスなく使えています。

2021年2月からは月額料金がずっと変わらない「シンプルS/M/L」プランが登場しました。通話定額は別オプションとなり、通話をしないユーザーでも格安で使えるのは嬉しいポイント。

IIJmio

IIJmio Dプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 70ms 68.97Mbps 20.58Mbps
朝:朝2回目 75ms 64.28Mbps 23.51Mbps
朝:朝3回目 76ms 65.92Mbps 22.17Mbps
昼:昼1回目 74ms 1.33Mbps 10.47Mbps
昼:昼2回目 117ms 0.95Mbps 9.5Mbps
昼:昼3回目 115ms 0.59Mbps 8.03Mbps
夜:夜1回目 113ms 29.7Mbps 8.91Mbps
夜:夜2回目 134ms 40.4Mbps 23.57Mbps
夜:夜3回目 129ms 40.61Mbps 26.34Mbps

IIJmio Aプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 75ms 65.47Mbps 6.81Mbps
朝:朝2回目 74ms 43.46Mbps 7.66Mbps
朝:朝3回目 74ms 73.15Mbps 7.78Mbps
昼:昼1回目 74ms 2.53Mbps 2.78Mbps
昼:昼2回目 88ms 2.7Mbps 1.89Mbps
昼:昼3回目 86ms 1.29Mbps 3.19Mbps
夜:夜1回目 83ms 64.67Mbps 4.98Mbps
夜:夜2回目 86ms 53.81Mbps 3.99Mbps
夜:夜3回目 86ms 62.08Mbps 3.5Mbps

IIJmioはお昼の通信速度が相変わらず遅く、混雑時にはどうしても弱い印象があります。DプランよりもAプランのほうが多少速いですが、月によってマチマチなので速度重視の方はオススメしません。

最新機種やOSアップデート後にいち早く動作確認をしてくれたり、家族間の通話定額が充実しているなど速度以外に魅力を感じる方ならアリだと思います。

2021年4月に開始する「ギガプラン」は基本料金が安く、1契約につき最大10回線までデータ容量のシェアができる使い勝手の良さそうなサービスです。

mineo

mineo Dプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 58ms 104.43Mbps 12.76Mbps
朝:朝2回目 64ms 110.72Mbps 11.17Mbps
朝:朝3回目 67ms 112.13Mbps 12.03Mbps
昼:昼1回目 63ms 1.59Mbps 9.25Mbps
昼:昼2回目 90ms 1.61Mbps 12.11Mbps
昼:昼3回目 61ms 2.69Mbps 12.86Mbps
夜:夜1回目 78ms 69.29Mbps 13.26Mbps
夜:夜2回目 115ms 70.07Mbps 8.87Mbps
夜:夜3回目 99ms 58.37Mbps 7.29Mbps

mineo Aプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 76ms 159.65Mbps 8.38Mbps
朝:朝2回目 80ms 155.45Mbps 8.21Mbps
朝:朝3回目 73ms 156.73Mbps 8.76Mbps
昼:昼1回目 76ms 1.22Mbps 5.44Mbps
昼:昼2回目 9ms 1.46Mbps 2.82Mbps
昼:昼3回目 108ms 2.13Mbps 8.36Mbps
夜:夜1回目 110ms 44.58Mbps 8.58Mbps
夜:夜2回目 117ms 67.89Mbps 8.44Mbps
夜:夜3回目 114ms 23.29Mbps 5.42Mbps

mineo Sプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 88ms 52.34Mbps 22.13Mbps
朝:朝2回目 80ms 65.11Mbps 20.71Mbps
朝:朝3回目 78ms 63.88Mbps 24.69Mbps
昼:昼1回目 82ms 0.83Mbps 29.92Mbps
昼:昼2回目 105ms 1.25Mbps 25.47Mbps
昼:昼3回目 101ms 1.15Mbps 24.18Mbps
夜:夜1回目 88ms 3.77Mbps 15.93Mbps
夜:夜2回目 80ms 3.55Mbps 21.93Mbps
夜:夜3回目 110ms 4.28Mbps 19.81Mbps

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア対応の格安SIMです。回線速度はそれなりですが、余ったパケットを家族でシェアしたり、mineoユーザー間でやり取りできるのが重宝しています。

mineo独自のコミュニティサイト「マイネ王」では、mineoスタッフやユーザー同士で交流したりすることもでき、アットホームな雰囲気が人気の理由です。

低速通信で良ければ最大500kbpsで使い放題の「パケット放題」というサービスもあり、使い方次第では他社よりも使い勝手のいい会社だと思います。

2021年1月に新料金プラン「マイピタ」を発表し、音声通話付きプラン(デュアルタイプ)の月額料金が大幅に値下げされました。

必要に応じて最適なオプションが選べるのもmineoの良いところです。

nuroモバイル

nuroモバイル Dプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 56ms 37.54Mbps 11.44Mbps
朝:朝2回目 74ms 33.02Mbps 21.1Mbps
朝:朝3回目 67ms 22.09Mbps 20.01Mbps
昼:昼1回目 66ms 0.72Mbps 18.74Mbps
昼:昼2回目 72ms 0.76Mbps 9.52Mbps
昼:昼3回目 71ms 1.45Mbps 8.37Mbps
夜:夜1回目 51ms 25.9Mbps 14.12Mbps
夜:夜2回目 56ms 25.37Mbps 10.12Mbps
夜:夜3回目 55ms 31.85Mbps 16.86Mbps

nuroモバイル SBプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 45ms 29.33Mbps 6.48Mbps
朝:朝2回目 49ms 26.91Mbps 17.56Mbps
朝:朝3回目 49ms 19.59Mbps 23.17Mbps
昼:昼1回目 48ms 3.04Mbps 5.71Mbps
昼:昼2回目 49ms 2.36Mbps 14.62Mbps
昼:昼3回目 47ms 2.84Mbps 4.17Mbps
夜:夜1回目 46ms 23.92Mbps 2.8Mbps
夜:夜2回目 48ms 19.68Mbps 2.6Mbps
夜:夜3回目 45ms 18.57Mbps 3.21Mbps

nuroモバイルもmineoと同じトリプルキャリア対応の会社です。ドコモとソフトバンク回線は持っていますが、au回線は契約していません。

パケットの前借りやパケットギフトなど、データ残量の扱いは柔軟に調整ができるのが特徴。ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するため、販売端末にXperiaの取り扱いや保証サービスが受けられます。

肝心の通信速度については、ドコモ回線は少しずつ良くなっているものの、混雑時に不安定になりやすいので速度重視の方は微妙です。

2021年4月1日(木)に音声通話付きSIMが月額792円から使える「バリュープラス」が登場しました。VM・VLプランは3ヶ月ごとにデータ容量がプレゼントされたり、どの回線を選んでも同一料金で利用できるのが特徴です。

b-mobile S 190PadSIM

b-mobile S 190iPadSIM
ping 下り 上り
朝:朝1回目 44ms 86.81Mbps 24.84Mbps
朝:朝2回目 47ms 84.9Mbps 27.62Mbps
朝:朝3回目 42ms 87.02Mbps 27.95Mbps
昼:昼1回目 44ms 78.39Mbps 24.51Mbps
昼:昼2回目 50ms 77.81Mbps 26.41Mbps
昼:昼3回目 46ms 79.86Mbps 19.14Mbps
夜:夜1回目 44ms 79.37Mbps 29.04Mbps
夜:夜2回目 47ms 44.63Mbps 15Mbps
夜:夜3回目 45ms 44.62Mbps 21.37Mbps

b-mobileはキャンペーンなども少なく目立たない会社ですが、通信速度は長期間安定して出ています。古い記事だと速度が遅いとボロクソに言われていますが、今では結構安定しているんですよ。

音声通話が必要であれば「990ジャストフィットSIM」や「合理的かけほプラン」がおすすめです。ドコモ回線もあるので利用する端末に応じて選んでみてください。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
ping 下り 上り
朝:朝1回目 78ms 56.99Mbps 10.87Mbps
朝:朝2回目 79ms 52.19Mbps 12.22Mbps
朝:朝3回目 78ms 47.22Mbps 18.46Mbps
昼:昼1回目 78ms 23.86Mbps 9.61Mbps
昼:昼2回目 77ms 24.24Mbps 8.61Mbps
昼:昼3回目 76ms 25.79Mbps 6.39Mbps
夜:夜1回目 77ms 23.02Mbps 7.1Mbps
夜:夜2回目 78ms 5.8Mbps 13.14Mbps
夜:夜3回目 79ms 8.4Mbps 12.7Mbps

OCNモバイルONEは、新コース開始から速度が大幅に改善し、サービス開始から1年経過した今でも十分安定しています。

SIMフリースマホのECサイト「gooSIMSeller」を利用すると、OCNモバイルONEの音声SIMとセット契約が条件で通常よりも大幅値引きで購入できます。

2021年4月から料金プランを値下げしています。音声プランでも1GB 770円と安く、ドコモ系の格安SIMの中ではサービス内容も過不足なく揃っていてオススメです。

LinksMate

LinksMate
ping 下り 上り
朝:朝1回目 56ms 25.22Mbps 20.18Mbps
朝:朝2回目 57ms 24.36Mbps 20.29Mbps
朝:朝3回目 57ms 24.31Mbps 11.28Mbps
昼:昼1回目 57ms 23.18Mbps 9.83Mbps
昼:昼2回目 58ms 22.72Mbps 5.6Mbps
昼:昼3回目 56ms 24.21Mbps 9.04Mbps
夜:夜1回目 58ms 24.27Mbps 6.96Mbps
夜:夜2回目 57ms 23.72Mbps 11.38Mbps
夜:夜3回目 71ms 22.98Mbps 8.47Mbps

LinksMateはスマホゲームやSNSのカウントフリー機能がウリの会社です。

ゲームアプリのカウントフリー対象が多く、対象サービスをよく利用している人は基本データ容量を減らして節約することも可能です。

通信速度についても、ドコモ回線の中では時間帯に左右されず速いです。かれこれ2年以上使っていますが、ドコモ回線では比較的速い部類に入ります。

プランの数も1GB刻みでものすごく沢山用意されているので、自分の使用量にあったプランが見つかるはずです。さらに、2021年3月18日(木)からは音声プランを値下げし、有料オプション・手数料が一部無償化されました。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル
ping 下り 上り
朝:朝1回目 57ms 53.59Mbps 19.8Mbps
朝:朝2回目 75ms 58.68Mbps 19.79Mbps
朝:朝3回目 59ms 67.46Mbps 18.53Mbps
昼:昼1回目 64ms 2.42Mbps 18.84Mbps
昼:昼2回目 116ms 2.37Mbps 10.2Mbps
昼:昼3回目 112ms 1.31Mbps 10.51Mbps
夜:夜1回目 113ms 11.16Mbps 21.44Mbps
夜:夜2回目 116ms 6.36Mbps 21.65Mbps
夜:夜3回目 114ms 5.68Mbps 21.34Mbps

良くも悪くも普段と変わらない速度でした。お昼の速度以外はそこそこ速いですが、特段速いわけでもなく普通です。

私が契約している段階従量制プラン(最適料金プラン)は、使ったぶんだけ課金されていく料金プランです。データ容量が余ったり足りなくなったりする心配がありません。

2021年4月1日(木)から新料金プラン「Fit(フィット)」と「Flat(フラット)」が登場しました。最大5枚のSIMでデータ容量をシェアできるため、使い方がプランに合うなら便利だと思います。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル Dプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 77ms 60.87Mbps 19.83Mbps
朝:朝2回目 64ms 75.33Mbps 19.27Mbps
朝:朝3回目 70ms 73.52Mbps 20.02Mbps
昼:昼1回目 70ms 1.39Mbps 21.14Mbps
昼:昼2回目 104ms 2.31Mbps 21.74Mbps
昼:昼3回目 107ms 0.55Mbps 21.72Mbps
夜:夜1回目 88ms 76.6Mbps 21.28Mbps
夜:夜2回目 88ms 69.73Mbps 22.17Mbps
夜:夜3回目 87ms 64.88Mbps 22.58Mbps

BIGLOBEモバイル Aプラン
ping 下り 上り
朝:朝1回目 61ms 93.14Mbps 21.4Mbps
朝:朝2回目 57ms 95.46Mbps 22.81Mbps
朝:朝3回目 59ms 95.66Mbps 21.15Mbps
昼:昼1回目 59ms 2.75Mbps 9.13Mbps
昼:昼2回目 56ms 3.83Mbps 10.42Mbps
昼:昼3回目 65ms 4.23Mbps 9.22Mbps
夜:夜1回目 64ms 66.04Mbps 10.45Mbps
夜:夜2回目 64ms 57.97Mbps 9.44Mbps
夜:夜3回目 67ms 57.09Mbps 11.7Mbps

BIGLOBEモバイルはYouTubeやAbemaTVの通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」などが人気です。動画や音楽ストリーミングサービスを多用する方には向いています。

ただし、お昼の速度が不安定になりやすく、動画視聴などを中心に利用する場合は速度の遅さに悩むかもしれません。

今なら新規契約で音声通話プランが6ヶ月間440円、エンタメフリー・オプションが6ヶ月無料で使えます。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する