Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

行き先はガチャ次第!1回5,000円で引けるPeachの「旅くじ」の使い方と注意点

ピーチアビエーションは、2021年10月13日(水)に渋谷パルコでカプセル型自動販売機「旅くじ」の第2弾の販売を開始しました。販売期限は2021年12月末まで。

2021年8月に心斎橋パルコに第1弾を設置したところ、SNSで話題となり約2ヶ月で3,000個以上売り上げた大注目の企画です。

「旅の行き先をガチャで決める」という運試し要素で「リアルぶっとびカード」と話題を集めていますが、旅くじを利用する上で知っておきたいルールや注意点について簡単にまとめました。

スポンサーリンク

Peachの「旅くじ」の概要

Peachの「旅くじ」は、指定された行き先の航空券が買えるピーチポイント6,000円ポイント以上と、オリジナル缶バッジ、旅先で遂行するミッションが同封されています。

ガチャは1回につき5,000円。大阪会場では現金決済のみ、東京会場ではPayPal決済のみ対応しています。対象路線は下記の通り。

大阪 東京
設置場所
心斎橋PARCO 4F SkiiMa内
渋谷PARCO 6F エスカレーター横特設会場
購入方法 現金のみ PayPay決済のみ
価格 5,000円
特典 6,000円分以上のポイント
設置期間 2021年12月末まで
ポイント有効期限 2022年3月31日(木)まで
対象路線

  • 札幌(新千歳)
  • 女満別
  • 釧路
  • 仙台
  • 新潟
  • 東京
  • 福岡
  • 長崎
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 奄美
  • 沖縄(那覇)
  • 石垣

  • 札幌(新千歳)
  • 女満別
  • 釧路
  • 大阪(関西)
  • 福岡
  • 長崎
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 奄美
  • 沖縄(那覇)
  • 石垣

Peachの「旅くじ」の注意点

一見お得にも見えるPeachの「旅くじ」ですが、いくつか注意事項があるので購入する前にチェックしておきましょう。

■注意点
  • ガチャの中には航空券が入っていない(ポイントが貰えるコードのみ)
  • ポイントの不足分は追加で支払いが必要
  • 旅くじで獲得したPeachポイントは記載の路線でしか使えない
  • Peachポイントには有効期限がある
  • LCCなので座席指定や手荷物預かりが有料

ガチャの中には航空券が入っていない(ポイントが貰えるコードのみ)

まず理解しておきたいのが、このガチャには行き先が書かれた紙と航空券を買うときに使えるPeachポイントの交換コード(6,000円分以上)が入っています。航空券は入っていません。

交換コードを専用ページに入力すると、対象路線のみで使えるポイントがゲットできます。入力したあとは購入した本人しか使えないため注意が必要です。

ポイントの不足分は追加で支払いが必要

ポイントを使って自分で航空券を予約する必要があり、足りない分は自分で支払うことになります。

そのため、行き先や時期によっては片道運賃にも満たない可能性も出てきます。

不定期に開催されるセール期間を狙って安い航空券をゲットすれば、追加で料金を支払う額も少なくなります。

獲得したPeachポイントは対象路線限定、有効期限あり

交換したピーチポイントは紙に記載の路線でしか使えません。希望する路線に当たらなかったからといって別の路線に使うことはできません

また、ガチャの中に入っているポイント交換コードの有効期限は2022年3月31日(木)までと公式サイトに記載があります。

期間内にポイントを使わないとポイントが失効してしまいます。

LCCなので座席指定や手荷物預かりが有料

旅くじの注意点というよりはLCC(Low Cost Carrier)全般のルールとして、座席指定や手荷物預かりが有料になります。主な違いを表にまとめました。

FSCとLCCの違い
FSC(フルサービスキャリア) LCC(ローコストキャリア)
主な航空会社 ANA、JALなど Jetstar、Peachなど
機内サービス 無料 有料
機内設備 あり なし
座席指定 無料 有料
座席の広さ 広い 狭い
荷物預かり 無料 有料
空港 東京:羽田空港
大阪:伊丹空港
東京:成田空港
大阪:関西空港

LCCはコストを抑えた旅を前提としており、オプションを追加していくと金額がどんどん上がっていきます。

普段からLCCに乗りなれていない人からすると不便に感じることも多いです。

Peachの「旅くじ」はガチャ要素を楽しめる人向けのサービス

Peachの「旅くじ」は面白いサービスだと思いますが、普段のセール価格を知っているとお得感は薄く感じます。

サイトを見ると「5,000円でランダムの場所に往復できる」ような印象を持ちますが、沖縄などの離島に当たると、片道分にしかならない「島流し」に遭う可能性も出てきます。

JALで行われている「どこかにマイル」では、選ばれた4つの行き先の中から選ぶことができ、6,000マイルで往復の航空券が確実に手に入るためお得です。

FSCなのでLCCよりもサービスが良いですし…。

とはいえLCCが注目を浴びるのは個人的に嬉しい気持ちになるので、これからも活動を応援していきたいと思います。

大阪の心斎橋PACROや、東京の渋谷PARCO に足を運ぶ際はぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する