Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

楽天モバイルの「1GBまで0円」廃止から考えるオススメの乗りかえ先・料金プラン7選!

先日楽天モバイルが新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表しました。

新プランでは、月間1GBまでは基本料0円が廃止(9月まではポイント付与で実質0円)になり、月額1,078円~月額3,278円の変動制になります。

2022年7月1日からは、既存ユーザーも移行されるため、最低でも1,078円の維持費が掛かることになります。

筆者の回りでは楽天モバイルを0円で使っているユーザーが多く、ネット上でも反発が多かったように感じました。

楽天としては利益にならない0円ユーザーを減らして黒字化したい目的だと思いますが、値上げしたことで他社のプランも選択肢に入ってきます。

そこで今回は、楽天モバイルから乗り換えるオススメの格安SIMを用途別にご紹介します。

スポンサーリンク

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」をおさらい

楽天モバイルの料金プラン
旧プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」 新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」
1GB未満 0円 税込1,078円
3GBまで 税込1,078円 税込1,078円
20GBまで 税込2,178円 税込2,178円
20GB以上 税込3,278円 税込3,278円
特徴 月間1GB未満まで
0円で維持可能(1回線目のみ)
楽天市場の買い物が
+1還元 → +2還元にアップ
備考 国内のパートナー回線エリアは月間5GBまで
海外のパートナー回線エリアは月間2GBまで高速データ通信を利用可能

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」では、3GBまで月額1,078円、20GBまで税込2,178円、20GBを超えると税込3,278円の3段階になりました。

楽天回線であれば、月20GBを超えても月間データ容量が無制限で使い放題なのが特徴です。

楽天回線が利用できない地域では、パートナー回線(au回線)を利用します。国内なら月間5GBまで、海外では月間2GBまで高速データ通信が使えます。

筆者が暮らす沖縄でも楽天回線は広がってきていますが、屋内の地下やエレベーターなど電波の届きにくい場所では繋がりにくく、時々圏外になることがあります。

楽天モバイルでは、専用アプリ「Rakuten Link」を使って通話すると国内通話が24時間かけ放題になります。

通常の通話アプリを使って発信する場合は、15分かけ放題(税込1,100円/月)のオプションに加入すると、1回につき15分以内のかけ放題になります。

今までは「1GBまで0円で使えるからとりあえず持っておいて損はないよ」と勧めてきましたが、0円のプランが廃止となると他社のプランも選択肢に入ってきます。

外部サイトで詳しくレビューしているので、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

基本料金0円で使えるプラン

楽天モバイルを0円で使ってきた人は、基本料金が0円の「povo2.0」と「donedone」をおすすめします。

必要なオプションを自由にトッピングする「povo2.0」

povo2.0は、auのオンライン専用ブランドとして提供している基本料金0円のオールトッピングプラン。必要なオプションを必要な量だけ”トッピング形式”で追加できる自由度の高いプランです。

かけ放題のオプションだけ付けて通話用の回線として利用したり、必要なときだけデータ使い放題を付けてモバイルルーター代わりにも使えます。メイン回線としてはもちろん、緊急時のサブ回線としての用途にもおすすめです。

データトッピングは、1GB(7日間)、3GB(30日間)、20GB(30日間)、60GB(90日間)、150GB(180日間)の6種類から選べます。

それぞれ有効期限があり、データ容量を使い切るか期限が切れると低速通信に切り替わります。

有効期限が30日以上のプランを選ぶことで、余ったデータ容量を翌月以降も繰り越せます。20GB以上のプランなら1GBあたりの料金も安くなります。

トッピングなしの状態では最大128Kbpsの低速通信で利用可能。トッピングなしのまま180日経過すると利用停止・契約解除となることがあるためご注意ください。

■povo2.0のメリット
  • 基本料金が0円で使える
  • 豊富なオプションから自分に合ったプランが作れる
  • 3GB未満なら1,000円以下で利用可能
  • 20GB以上の大容量プランを安くまとめ買いできる
  • データ使い放題(24時間)が1回330円で使える
  • 混雑する時間帯でも通信速度が速い
  • 「#ギガ活」を通じて日々のお買い物でギガがもらえる
  • キャンペーンでデータ容量やデータ使い放題をプレゼント
■povo2.0のデメリット
  • 申し込みやサポートがオンラインのみ
  • データ容量を都度手動で追加しないといけない
  • トッピングなしの状態は超低速通信(最大128Kbps)
  • 180日間以上有料トッピングしないと利用停止・強制解約の恐れ
  • LINEのID検索ができない(年齢認証に非対応)
  • 端末のセット販売がない
  • 国際ローミングに非対応
  • キャリアメール・キャリア決済に非対応
  • 留守番電話サービスに非対応
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
povo2.0の料金プラン
基本料金 0円
データ容量・料金 データ使い放題(24時間):税込330円/回
データ追加1GB(7日間):税込390円/回
データ追加3GB(30日間):税込990円/回
データ追加20GB(30日間):税込2,700円/回
データ追加60GB(90日間):税込6,490円/回
データ追加150GB(180日間):税込12,980円/回
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック(7日間):税込760円/月
smash使い放題パック(24時間):税込220円/月
通話トッピング 5分以内通話かけ放題:税込550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
サポートトッピング スマホ故障サポート:税込830円/月
低速時の通信速度 最大128Kbps
通話料 税込22円/30秒
テザリング 無料で利用可能
留守番電話サービス 非対応
5G通信 無料で利用可能
eSIM 対応
回線の種類 au回線(通信品質はau本家とほぼ同じ)
キャリアメール 非対応
キャリア決済 非対応

外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしています。

中速・大容量・低価格が揃った「donedone」

donedoneはビッグローブ株式会社が提供している格安SIM。月額料金のうち50円分を希望する支援団体に寄付することが可能です。

音声通話プランは「ベーシックUプラン」と「カスタムUプラン」の2種類。どちらもデータ容量50GBで月額2,728円です。

「ベーシックUプラン」は通信速度が最大3Mbps制限があり、「カスタムUプラン」は対象アプリが2つまで速度無制限、それ以外は最大1Mbps制限があります。

データ通信専用の「エントリープラン」は月額0円で低速通信が利用可能です。

公式サイトのクーポンを利用すると、ベーシックUプランやカスタムUプランの通信速度を3GBまで14日間お試しできます。

■donedoneのメリット
  • 月間50GBのデータ容量が使えて税込2,728円と安い
  • エントリープランは月額0円で低速通信が使い放題
  • 1日1回まで「ベーシックUプラン」と「カスタムUプラン」を変更可能
  • データ通信容量超過時の通信速度は最大1Mbps
  • ビッグローブ光と同時利用で税込220円/月の割引(ネットスマホ割)
■donedoneのデメリット
  • 申し込みやサポートがオンラインのみ
  • 通話定額オプションがない
  • LINEのID検索ができない(年齢認証に非対応)
  • 端末のセット販売がない
  • キャリアメール・キャリア決済に非対応
  • 留守番電話サービスに非対応
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
donedoneの料金プラン
ベーシックUプラン カスタムUプラン エントリープラン
月額料金 税込2,728円 税込2,728円 0円
月間データ容量 50GB 50GB 0MB
最大通信速度 3Mbps 指定アプリ:制限なし
その他:1Mbps
128Kbps
制限時通信速度 1Mbps 1Mbps 128Kbps
音声通話 対応 対応 非対応

通話料 税込22円/30秒
通話定額 なし
テザリング 無料で利用可能
留守番電話サービス 非対応
5G通信 無料で利用可能
eSIM 非対応
回線の種類 au回線
キャリアメール 非対応
キャリア決済 非対応

楽天モバイルから乗り換えで基本料4ヶ月無料の「y.u mobile」

y.u mobileは、100GBまで無期限にデータ残量が繰り越せる「永久不滅ギガ」が特徴の格安SIM。足りないデータは1GB/330円でチャージすることも可能です。

料金プランは、シングル(5GB/1,070円)、シングル U-NEXT(10GB/2,970円)、シェア U-NEXT(20GB/4,170円)の3種類。音声通話SIMユーザーなら「端末保証(年間2回・合計30,000円まで)」が無料で付いてきます。

通信速度についても格安SIMの中では早い部類に入ります。ドコモ回線を使用したMVNOのため、通信エリアはドコモと同じです。

さらに今なら楽天モバイルからのMNPで基本料4ヶ月無料のキャンペーンを実施しています。新規契約でも2ヶ月無料になります。

■メリット
  • 選びやすい料金プラン
  • データチャージが安い+永久不滅ギガ
  • 混雑時でも通信速度が速い
  • 音声通話付きSIMなら修理費用保険が無料で使える
  • 対象プラン契約で 「U-NEXT」 が無料で利用可能
■デメリット
  • 大容量プランがない
  • 端末セットで購入できない
  • 高速・低速通信の手動切替機能がない
y.u mobileの料金プラン
シングル シングル U-NEXT シェア U-NEXT
データ容量 5GB/月 10GB/月 20GB/月
音声通話付きSIMの月額料金 税込1,070円 税込2,970円 税込4,170円
データSIM(SMSあり)の月額料金 税込932円 税込4,082円
データSIMの月額料金 税込800円 税込3,950円
特典 U-NEXTの月額プラン付き。毎月もらえる1,200円分のU-NEXTポイントで10GBチャージ可能。 U-NEXTの月額プラン付き。毎月もらえる1,200円分のU-NEXTポイントで10GBチャージ可能。

通話料 税込22円/30秒
y.uでんわで通話料が11円/30秒に。
通話定額 10分かけ放題:税込550円/月
無制限かけ放題:税込1,400円/月
低速通信時の速度 最大128kbps
テザリング 無料で利用可能
5G通信 非対応
eSIM 非対応
回線の種類 ドコモ
キャリアメール 非対応
キャリア決済 対応

通話料やスマホ本体代金を安くしたい人向け

通話料を安くしたい人は、楽天モバイルのRakuten Linkアプリが最強です。それ以外の候補なら、5分かけ放題が1年無料+ミニプランが実質半年無料で使える「LINEMO」がいいでしょう。

大容量プランとセットで使うなら「ahamo」、SIMフリー端末を安く手に入れたいなら「OCNモバイルONE」、楽天モバイルと同じ段階定額プランで使いたい人は「合理的シンプル290プラン」をおすすめします。

5分かけ放題が1年無料!低価格でバランスの良い「LINEMO」

LINEMOは、ソフトバンクが提供するオンライン専用ブランド。LINEとのサービス連携が特徴で、LINEでデータ容量や料金をチェックしたり、LINEのデータ消費がゼロになる「LINEデータフリー」が利用できます。

料金プランは、月間20GBで税込2,728円の「スマホプラン」と、月間3GBで税込990円の「ミニプラン」の2種類から選べます。

スマホプランは速度制限時でも最大1Mbpsで通信可能、ミニプランは最大300Kbpsに制限されます。

通話オプション割引キャンペーンにより、新規または他社から乗り換え(MNP)で申し込むと、通常550円/月の「5分かけ放題(通話準定額)」が1年間無料になります。

さらに今なら「ミニプラン」の申込みで、月額料金相当のPayPayポイント(990円)を6ヶ月プレゼントしています。3GBのデータ容量が半年間実質0円、5分通話定額が1年無料で使えるのは非常に魅力的です。

■LINEMOのメリット
  • 高品質なソフトバンク回線が低価格で利用できる
  • キャンペーンで通話準定額が1年間無料で使える
  • LINE MUSICが6ヶ月無料で使える
  • 「スマホプラン」の契約でLINEスタンプ プレミアムが実質無料で使える
  • 「ミニプラン」の契約でPayPayポイント990円相当×6ヶ月プレゼント
  • 混雑する時間帯でも通信速度が速い
  • キャリア決済(ソフトバンクまとめて支払い)に対応
  • LINEのID検索(年齢認証)に対応
  • 国際ローミングに対応
  • 支払い方法がクレジットカード、口座振替、PayPay残高払いに対応
■LINEMOのデメリット
  • 申し込みサポートがオンラインのみ
  • 料金プランが3GB・20GBの2つだけ
  • データ容量の繰り越しに非対応
  • 端末のセット販売がない
  • キャリアメールに非対応
  • 留守番電話サービスに非対応
LINEMOの料金プラン
スマホプラン ミニプラン
月額料金 税込2,728円 税込990円
データ容量 20GB/月 3GB/月
低速通信時の速度 最大1Mbps 最大300kbps
特典 LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース/デラックスコース)の加入でLINEポイント240ポイントを毎月プレゼント。 月額料金相当のPayPayポイント(990円)を6ヶ月プレゼント

通話料 税込22円/30秒
通話定額 通話準定額(5分/回):税込550円/月
通話定額(時間無制限):税込1,650円/月
テザリング 無料で利用可能
5G通信 無料で利用可能
eSIM 対応
回線の種類 ソフトバンク(通信品質はソフトバンク本家とほぼ同じ)
キャリアメール 非対応
キャリア決済 対応

外部サイトで詳しくレビューしています。

LINEMO ミニプラン(3GB) 月額基本料 990円(税込)

LINEMO ミニプラン(3GB) 月額基本料 990円(税込)

2円(12/07 06:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

5分通話定額コミコミ!大盛りオプションが追加できる「ahamo」

ahamoはドコモのオンライン専用ブランド。料金プランは月間20GBで5分かけ放題に標準対応しています。

通信品質はドコモ本家と遜色がなく、混雑時でも通信速度が安定しています。速度制限時も最大1Mbpsで使えるのが特徴です。

ahamo大盛りの登場により、月額4,950円でテザリングでの利用を含めて100GBまで高速通信が使えます。大容量プランを使いたい人にもオススメです。

■ahamoのメリット
  • 月間20GB+5分通話定額セットで税込2,970円(機種代金が別途かかります)
  • 有償(税込3,300円)でドコモショップの店舗サポートが受けられる
  • スマホのセット購入が可能
  • 混雑時でも通信速度が速い
  • ドコモの家族割引のカウント対象
  • Google Play、iTunesのコンテンツ決済に対応
■ahamoのデメリット
  • 20GBより少ないプランがない
  • 5分通話定額は外すことができない
  • データ容量の繰り越しに非対応
  • キャリアメールに非対応
  • 留守番電話サービスに非対応
ahamoの料金プラン
月額料金 2,970円(機種代金が別途かかります)
データ容量 20GB
データ容量チャージ 税込550円/1GB
低速時の通信速度 最大1Mbps
通話料 税込22円/30秒
通話定額 5分通話定額込み
かけ放題オプション:税込1,100円/月
テザリング 対応
5G通信 対応
eSIM 対応
回線の種類 ドコモ回線
留守番電話サービス 非対応
キャリアメール 非対応
キャリア決済 一部対応

外部サイトでは、ahamoのプラン詳細、メリットとデメリットについて解説しています。

基本料金もスマホ本体も激安の「OCNモバイルONE」

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズ(2022年7月からNTTレゾナント)が提供する格安SIM。

「ドコモのエコノミーMVNO」としてNTTドコモと提供し、ドコモショップで申し込みや契約時のサポートが受けられます。さらに、月額料金に応じたdポイントが貯まる特典があります。

料金プランは「新コース」と「旧コース」の2種類から選択可能です。新コースのほうが料金が安く、通信速度も速いのでほとんどの人は新コースがいいと思います。

新コースの500MB/月は、最大10分相当/月の無料通話が付いて月額550円と安さが魅力です。月のデータ利用量が10GB未満のライトユーザーの方にオススメです。

通話料は30秒につき税込11円。かけ放題オプションは専用アプリ不要で「10分かけ放題(税込935円/月)」「トップ3かけ放題(税込935円/月)」「完全かけ放題(税込1,430円/月)」の3種類から選べます。

■OCNモバイルONEのメリット
  • 基本料金と通話料が安い
  • SIMフリー端末のセット販売がとにかく安い
  • 混雑時でも通信速度が速い
  • かけ放題オプションが3種類から選べる
  • バースト転送で低速通信時でも少し速い
  • 「MUSICカウントフリー」で対応サービスのデータ消費ゼロ
  • 全国のドコモショップで申し込み可能
  • 留守番電話サービスに対応
■OCNモバイルONEのデメリット
  • 10GB以上のデータ容量が選べない
  • 申込後のサポートは電話かWEBのみ
  • 新コースは低速通信時に容量制限がある
  • LINEのID検索ができない(年齢認証に非対応)
  • キャリアメール・キャリア決済に非対応
  • 支払い方法は基本的にクレジットカードのみ
OCNモバイルONEの料金プラン
新コース
音声対応 SMS対応 データ通信専用
500MB/月コース 税込550円
1GB/月コース 税込770円
3GB/月コース 税込990円 税込990円 税込858円
6GB/月コース 税込1,320円 税込1,320円 税込1,188円
10GB/月コース 税込1,760円 税込1,760円 税込1,628円

音声対応 SMS対応 データ通信専用
110MB/日コース 1,232円 1,122円 990円
170MB/日コース 1,760円 1,650円 1,518円
3GB/月コース 1,452円 1,342円 1,210円
6GB/月コース 1,837円 1,727円 1,595円
10GB/月コース※ 2,772円 2,662円 2,530円
20GB/月コース※ 4,807円 4,697円 4,565円

  • ※通信容量が20.0GB/月または30.0GB/月のコースへの申込受付はコース変更含めて、2021年9月29日(水)をもって終了。
低速通信時の速度 最大200kbps
データ容量チャージ OCN アプリ経由の場合(新コース利用):550円/1GB
上記以外:550円/0.5GB
通話料 税込11円/30秒
※OCNでんわ対象外の通話は22円/30秒
通話定額 10分かけ放題:税込935円/月
トップ3かけ放題:税込935円/月
完全かけ放題:税込1,430円/月
テザリング 無料で利用可能
5G通信 無料で利用可能
eSIM 非対応
回線の種類 ドコモ回線
キャリアメール 非対応
キャリア決済 非対応

外部サイトでは、OCNモバイルONEのプラン詳細、メリットとデメリットについて解説しています。

月額290円から始める「合理的シンプル290プラン」

「合理的シンプル290プラン」は格安SIMの老舗「日本通信」が提供しています。

基本プランは月間1GBで税込290円、データ容量のチャージは1GB/220円です。あまりデータ容量を使用しない人向けのプランです。

楽天モバイルと同様に、毎月の料金はデータ使用量に応じて変わります。データ使用量の上限を設定をすることで、データの使い過ぎを防止できます。

通話料は30秒につき税込11円。電話をよく掛ける方は、70分無料(月額700円)、通話時間無制限のかけ放題(月額1,600円)オプションを追加可能です。

■メリット
  • 月間1GBで税込290円からの従量制プラン
  • 1GB追加につき税込220円とシンプルで分かりやすい
  • 自分で上限を決められるからデータの使いすぎを防止できる
  • 用途に応じて70分通話定額、かけ放題オプションが選べる
■デメリット
  • 申し込みやサポートがオンラインのみ
  • 端末のセット販売がない
  • LINEのID検索ができない(年齢認証に非対応)
  • キャリアメール・キャリア決済に非対応
  • 留守番電話サービスに非対応
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
合理的シンプル290プランの料金プラン
月額料金 税込290円~
基本データ容量 1GB~
データ容量チャージ 1GBあたり税込220円。最高100GBまで追加可能。
データ容量の超過時 日本通信ウェブサイト及びマイページ以外のインターネットアクセス不可
※2022年6月30日までは暫定措置として最大128kbpsで通信可能。
通話料 税込11円/30秒
通話定額 70分無料:税込700円/月
かけ放題:税込1,600円/月
テザリング 対応
5G通信 非対応
eSIM 対応
回線の種類 ドコモ回線
留守番電話サービス 非対応
キャリアメール 非対応
キャリア決済 非対応

このほかにも3つの合理的プランがあり、データ容量や通話定額・無料通話の種類が異なります。データ通信と通話料をどちらも節約したい人におすすめのプランです。

  • 合理的20GBプラン
    月額2,178円で20GB+国内通話が月70分無料
  • 合理的みんなのプラン
    月額1,390円で6GB+国内通話が月70分無料
  • 合理的かけほプラン
    月額2,728円で月3GB+国内通話かけ放題

まとめ:使い方によって最適な格安SIMは変わってくる

格安SIMには会社やプランによって様々な特徴があります。人によってスマホの使い方や利用量が異なるため、一概にここがおすすめ!と紹介できないのが難しいところです。

各社それぞれの特徴やメリット、デメリットを比較し、自分の使い方に合わせて最適なプランを選ぶのが一番いいと思います。

格安SIMを通信速度で選ぶ場合、こちらの記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する